夏の恋は虹色に輝く

第5回 2010年8月16日(月)放送 あらすじ

行かないで…

 大雅(松本潤)は、亡くなった夫への悲しみや思いがまだ残っている詩織(竹内結子)の笑顔さえ見られればそれでいい、と思うように気持ちを切り替えようとする。久々にドラマ出演するもシーンカットされ、もう役者を辞めたほうがいいのか、とさえ思う大雅だが、「役者さん、やめないでね」と詩織に言われ、いよいよ奮起するのだった。
 大貴(沢村一樹)は詩織と海(小林星蘭)を楠家に招待。しかし、詩織たちが楠家に着くと、大雅しかいない。真知子(松坂慶子)も大貴もまだ帰ってくる様子がない。そこで大雅は冷蔵庫にある食材で詩織と海のためにおもてなし料理を作ることに。手際よく準備する大雅に驚きながらも、詩織と海も一緒に料理のお手伝い。そこに大貴と真知子も帰宅し、事務所の青木(松重豊)らも加わって、皆勢ぞろいする。銀さんファンの詩織と海は亡き航太郎(伊東四朗)の部屋を大貴に案内され、感激しきり。が、大貴の方はというと、詩織との将来の勝手な妄想が止まらない。
 楠家のホームパーティーが始まり、大貴は詩織への猛アプローチをかける。そこに詩織の詳しい事情を知らない真知子も加わり、困惑する詩織。その様子を見て大雅は…。

 さらに、パーティーから帰った詩織は、大雅に電話して…。

キャスト

楠 大雅(26) … 松本 潤

北村詩織(30) … 竹内結子

楠 大貴(35) … 沢村一樹

宮瀬 桜(22) … 桐谷美玲

植野慶太(25) … 笠原秀幸

伊良部 譲(26) … 永山絢斗

鳩間新市(58) … 小倉一郎

志賀光治(30) … 大下源一郎

北村 海(6) … 小林星蘭

青木久雄(42) … 松重 豊

楠 航太郎(65) … 伊東四朗(特別出演)

楠 真知子(55) … 松坂慶子

ほか

スタッフ

■脚本
 大森美香

■プロデュース
 三竿玲子

■演出
 澤田鎌作

■音楽
 延近輝之

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組