夏の恋は虹色に輝く

第9回 2010年9月13日(月)放送 あらすじ

好き…でも嫌い

 楠大雅(松本潤)は北村詩織(竹内結子)と想いが通じ、芝居の勉強も楽しく、幸せの絶頂にいた。詩織が大雅に振り向いたことを聞き、兄の楠大貴(沢村一樹)は絶句する。
 事務所の青木久雄(松重豊)は『風の銀次郎』シリーズが来年復活することを告げに楠真知子(松坂慶子)の元を訪れる。二代目銀次郎に大物俳優・高見誠(佐藤浩市)が決定。
 それを聞いた大雅は複雑な心境だ。
 詩織は大雅への自分の気持ちを、宮瀬桜(桐谷美玲)に正直に話そうとする。桜は諦めない、とライバル宣言しつつも、今度恋愛話でもしようと詩織をランチに誘う。
2週間続いた有栖川正志(石橋蓮司)の演劇ワークショップもいよいよ最終日。厳しい稽古を終え、有栖川演出の次回公演に参加できる3人の名前が読み上げられた。息を飲んで発表を聞く大雅。
 数日後、詩織と海(小林星蘭)の3人で食事をするため、大雅は久しぶりに詩織の家を訪れた。家庭的な空間に大雅の心も温まる。食事の後、大雅は海が描いた絵を見つける。それは海の父親の絵だった。今でもパパのことを自慢に思っている様子の海を見て大雅は…。

キャスト

楠 大雅(26) … 松本 潤

北村詩織(30) … 竹内結子

楠 大貴(35) … 沢村一樹

宮瀬 桜(22) … 桐谷美玲

植野慶太(25) … 笠原秀幸

伊良部 譲(26) … 永山絢斗

鳩間新市(58) … 小倉一郎

志賀光治(30) … 大下源一郎

北村 海(6) … 小林星蘭

三池蒼空(11) … 井上瑞稀(ジャニーズJr.)

高見 誠 … 佐藤浩市(友情出演)

有栖川正志(50) … 石橋蓮司

中川征二(37) … 相島一之

青木久雄(42) … 松重 豊

楠 航太郎(65) … 伊東四朗(特別出演)

楠 真知子(55) … 松坂慶子

ほか

スタッフ

■脚本
 大森美香

■プロデュース
 三竿玲子

■演出
 澤田鎌作

■音楽
 延近輝之

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組