お義父さんと呼ばせて

第8回 2016年3月8日(火)放送 あらすじ

波乱の最終章突入 父激怒!彼に隠し子?母の決断に崩壊危機

真理乃(新川優愛)から、紀一郎(渡部篤郎)が保(遠藤憲一)のことを褒めていたと聞き、嬉しくてたまらない美蘭(蓮佛美沙子)は、そろそろ式場を探そうと提案するが、当の保は、紀一郎のいつにも増して厳しい視線が気になり、それどころではない。一方、前夜の保の携帯にかかってきた電話で保に女のかげを感じた紀一郎は、「うそであってほしい…」と願いながらも、胸のモヤモヤを晴らすべく、再び砂清水(山崎育三郎)に保の調査を命じる。するとその矢先、街中で保が小学生の男の子と手をつないで歩く姿を目撃!その姿はまるで親子のようで――!?
その晩、まだリフォーム中の保のマンションに、昼間、紀一郎が見かけた男の子の姿があった。母親は、保が10年前に別れた元恋人で、ある事情から、息子といっしょに保の部屋に身を潜めていたのだ。しかし、紀一郎は保に隠し子がいると思い、怒りに震えるが、幸せそうな美蘭にはとても言い出せない。
その頃、葉理男(中村倫也)は母・静香(和久井映見)の動向が気になっていた。静香のSNSには外出先で撮った楽しそうな写真の数々がアップされ、近頃は家を空けることも少なくない。葉理男は不穏な空気を感じる。
そんな中、砂清水たちと酒を飲んだ保が泥酔して帰ってくる。上着を脱がせた美蘭は、ポケットに入っていた小学校の保護者章を見つけてしまい――!?

スタッフ

【脚本】
林宏司『医龍』シリーズ『BOSS』シリーズ

【演出】
星野和成『チームバチスタ』シリーズ『素敵な選TAXI』『幽かな彼女』他

【プロデューサー】
安藤和久(関西テレビ)
萩原崇(関西テレビ)
遠田孝一(メディアミックスジャパン)
清水真由美(メディアミックスジャパン)

【音楽】
木村秀彬

オススメ番組