ライフ

第5回 2007年8月4日(土)放送 あらすじ

 ベランダから机と椅子を捨てられ、「あんたの席、ないから」と言われた椎葉歩(北乃きい)だが、いじめに立ち向かう決心をし、机と椅子を抱えて教室に戻る。その歩の姿を見てざわつく教室の生徒たち。だが、教室へ入るとプリクラ手帳を投げつけられ拾おうと伸ばした手を安西愛海(福田沙紀)に踏みつけられた。突き飛ばした歩だが、愛海が転んだところに戸田和佳絵(瀬戸朝香)が入ってきて一方的に悪者にされて放課後に残るように言われる。放課後、いじめられている状況を訴える歩に戸田は嘘だと一蹴。さらに、愛海と話し合うように言われて教室を飛び出した歩を、廊下で話を聞いていた平岡正子(酒井美紀)が心配そうに見つめていた。
 翌日、1年2組の黒板に歩が親友を自殺に追い込んだとのビラが貼られていた。歩はクラスメイトからの悪口を背中に聞きながらビラをはがして教室を去っていく。その日、歩が家に帰るとリビングには佐古克己(細田よしひこ)が。家庭教師に招いたという文子(真矢みき)の言葉を遮り、部屋に逃げ込む歩。言葉巧みに文子を買い物に行かせた克己は、歩に襲いかかり…。そして、歩の家から帰る克己を愛海が物陰から見つめていた。
 その翌日、平岡が授業をつぶして「いじめについて」の作文を書かせる。岩本みどり(末永遥)らからチクったと陰口を叩かれた歩は、授業後に平岡から作文を奪い取り屋上から投げ捨てる。一方、平岡も授業をつぶしたことを戸田ら職員から責められていた。
 ある日、教室へ入ってくるなり愛海たちに囲まれた歩は、無理矢理トイレに連れ込まれる。「清掃中」の貼り紙をして、トイレで頭にモップを押しつけられるなどひどいいじめを受ける歩。しかし愛海に「羽鳥(関めぐみ)もついでに掃除しちゃおうか」と言われ、「羽鳥さんは関係ない」とモップを奪い返して愛海をにらみつける。そのまま午後の授業に出られなかった歩を心配して羽鳥未来が近づいてきた。何かされたのかと問われても愛海たちの攻撃が未来へいくことを恐れて口を閉ざす歩に、未来は信じてるからと告げて泣き出した歩を抱きしめる。
 後日、休み時間に歩を愛海らクラスの女子が取り囲んだ。意味深にトイレに誘うみどりに、歩は未来に何もしないならと静かに立ち上がる。その様子を見て見ぬふりをしていた薗田優樹(北条隆博)は、歩の書いたヒマワリの園芸日報を見ながら「自分から動かなきゃ、何も変えられない」との言葉を思い出し…。

キャスト

椎葉 歩 … 北乃きい
安西愛海 … 福田沙紀
佐古克己 … 細田よしひこ
廣瀬倫子 … 星井七瀬
薗田優樹 … 北条隆博
羽鳥未来 … 関 めぐみ
平岡正子 … 酒井美紀
戸田和佳絵 … 瀬戸朝香
椎葉文子 … 真矢みき

スタッフ

■原作
 すえのぶけいこ
 「ライフ」(講談社「別冊フレンド」)

■脚本
 根津理香

■演出
 加藤裕将

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組