恋におちたら~僕の成功の秘密~

第1回 2005年4月14日(木)放送 あらすじ

#1 ずっと探してた人

 東京の下町の小さなねじ工場で働く鈴木島男(草なぎ剛)は、父親が6年前に他界して以来、大学を中退して工場を継いでいる。経営状況は決して楽ではないが、母親の藍子(高林由紀子)、OLの妹・まり子(木村佳乃)の家族3人の暮らし、そして幼なじみで鮮魚店を営む安藤龍太(山本耕史)が毎晩持って来てくれる刺身で晩酌するという生活にささやかな幸せを感じていた。その日も、龍太が来て、夕食を食べていた。居間のテレビでは、ITベンチャービジネスの若き起業家、高柳徹(堤真一)のサッカーチーム買収記者発表のニュースが流れている。ニュースを見ながら、まり子と龍太は自分たちとは違う世界のこととため息をつくのだった。
 ある日、島男は商店街の福引で特賞を射止め、藍子とハワイ旅行に出かける。初めての海外ではしゃぎまくる母子は、超高級ホテルのプールサイドへ。そこで島男は、白いサマードレスの女性・白川香織(松下奈緒)とぶつかり、2人ともプールに落下。藍子はお詫びにとポリネシアン・ディナーショーに香織を誘う。気さくで優しい香織に、島男はすっかり心を奪われてしまう。
 翌朝、島男は香織が忘れた手帳を届けにホテルへ行った。香織の部屋は、最上階のスイートルーム。しかし、部屋の中には香織と共に男がいた。少しがっかりの島男。帰りがけに男は、「困ったことがあったらいつでも訪ねておいで」と名刺を渡す。そこで初めて、島男は男が高柳だと知った。
 島男たちが帰国すると、工場は大変な騒ぎに。なんと、経理担当の従業員が不正を働き、倒産してしまったのだ。藍子は、ショックで心臓病を患い、倒れてしまう。心臓移植が必要との診断だが、島男には手術に必要なお金などもちろん無い。島男が金策に走る中、藍子は息を引き取ってしまう…。呆然と泣き崩れる島男とまり子。そんな時、島男はハワイで高柳から言われた言葉を思い出す。「困ったことがあったら、いつでも訪ねておいで」。
 翌日、島男は意を決して高柳の会社『フロンティア』のオフィスがある六本木ヒルズの前に立つ。しかし、高柳社長に面会を求めるが、取締役の神谷陸(谷原章介)や宮沢修(鈴木浩介)を始めとする社員たちにまったく取り合ってもらえない。
 どうしても高柳に近づきたい島男は、ビルの警備員になる。そして、六本木のスペインバルで、先輩警備員の豊田久(金田明夫)と飲んでいると、経営事業部長の桐野七海(和久井映見)や社長秘書の藤井裕美(滝沢沙織)ら、フロンティアの面々がやって来た。マスターの星野守子(佐藤江梨子)から「あなたとは住む世界が違う」と言われ、落ち込む島男。
 しかし、チャンスは突然やってきた。島男の運命は、彼が封印していたある才能をきっかけに、大きく動き始めるのだった…。

キャスト

鈴木島男(28) … 草なぎ 剛
高柳 徹(38) … 堤 真一

白川香織(24) … 松下奈緒 
鈴木まり子(26) … 木村佳乃
安藤龍太(28) … 山本耕史
神谷 陸(30) … 谷原章介
星野守子(24) … 佐藤江梨子
藤井裕美(24) … 滝沢沙織
宮沢 修(29) … 鈴木浩介

豊田 久(50) … 金田明夫
鈴木藍子(55) … 高林由紀子

桐野七海(33) … 和久井映見

 ほか

スタッフ

■脚本
 佐藤嗣麻子

■プロデュース
 現王園佳正

■アソシエイトプロデューサー
 石原 隆

■演出
 鈴木雅之

■音楽
 佐橋俊彦

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組