ギルティ 悪魔と契約した女

第5回 2010年11月9日(火)放送 あらすじ

真犯人に天罰下る!

 芽衣子(菅野美穂)は、IT会社社長・金谷(山崎裕太)の恋人・遥(岩佐真悠子)を誘拐と見せかけ連れ出した。さらに、覚せい剤を常用している証拠を世間に公表すると金谷を脅迫。5億円を要求し、会社の金を金谷の個人口座に移して待機するよう指示する。
 
 芽衣子が電話で金谷を脅しているまさにそのとき、金谷のオフィスビルに駆けつけた真島(玉木宏)は、社長に危険が迫っていると面会を求めるが、秘書の堀(桜井聖)や警備員たちに阻まれ、追い払われてしまう。
 
 芽衣子の復讐計画に巻き込まれているとも知らず、遥が身を隠したのは金谷の祖母・ミエ(上岡紘子)が暮らす高級老人ホームだった。芽衣子は、金谷が明日にも逮捕されると遥に吹き込み、もうしばらくここに隠れているようにと言い含める。
 
 その頃、警視庁捜査一課では、宇喜田(吉田鋼太郎)が何者かに電話をかけていた。電話の相手をなだめるように「大事にならないよう、私が手を回す」と約束した宇喜田は「これ以上、好き放題にさせるつもりはない」といまいましげな表情で電話を切り…。

 金谷のオフィスを追い出された真島を万里(吉瀬美智子)が待ち構えていた。覚せい剤絡みの事件を追っている部署から、真島が捜査の邪魔をしていると連絡があったらしい。万里はなぜ金谷を訪ねたのかと真島を問い詰めるが、真島は何も答えない。いら立つ万里は、芽衣子の事件を調べようと公判資料を請求。そんな折、真島の車の中から堂島(唐沢寿明)の名刺を見つける。

 一方、芽衣子の指示で社長室から一歩も出ることができず、いら立ちを募らせる金谷は、芽衣子にゆすられていることを何者かに電話で報告。「警察の方はよろしく頼む」と懇願し…。

 同じ頃、真島はアンを預けにペットサロンを訪ねていた。芽衣子が応対に出るが、真島が思わず芽衣子を抱きしめてしまった日以来、真島を遠ざけるようになっていた芽衣子は目を合わせることもできない。そんな芽衣子に真島は、帰宅の遅い自分に代わってアンを部屋に送り届けて欲しいと、自宅の鍵を渡し…。

スタッフ

■原案
 相沢友子

■脚本
 大久保ともみ
 平野悠希

■プロデュース
 吉條英希(関西テレビ)
 稲田秀樹(共同テレビ)

■演出
 小林義則(共同テレビ)
 植田泰史(共同テレビ)

■音楽
 住友紀人

オススメ番組