浅見光彦シリーズ

2012年1月27日(金)放送 あらすじ

還らざる道

ルポライターの浅見光彦(中村俊介)が難事件を解決する浅見光彦シリーズの第43弾が登場する。1月27日(金)放送の金曜プレステージ『浅見光彦シリーズ43 還らざる道』(午後9時~10時52分)。

浅見は「旅と歴史」の取材で愛知県豊田市足助町を訪れた時に、茶屋で老人と出会い、雑談をする。翌日、浅見はテレビのニュースで、昨日会った老人が岐阜県恵那市串原の奥矢作湖で絞殺死体で発見されたことを知る。総合インテリアメーカー「白陽インテリア」の代表取締役会長の瀬戸一弘(宝田明)だった。浅見は孫娘の雨宮正恵(浅見れいな)と共に瀬戸会長の死の真相を探る。正恵の愛する祖父の死には、50年前のある出来事が関わっていた…。

スタッフ

■原作
 内田康夫

■企画
 成河広明
 加藤達也

■プロデューサー
 小林俊一(彩の会)
 大下晴義(彩の会)
 金丸哲也(東映)

■脚本
 峯尾基三

■音楽
 渡辺俊幸

■演出
 林 憲昭(彩の会)

■音楽
 渡辺俊幸

■制作
 フジテレビ
 彩の会