浅見光彦シリーズ

2011年1月14日(金)放送 あらすじ

遺骨

 ルポライターの浅見光彦が難事件を解決する人気シリーズの第39弾が2011年1月14日(金)の金曜プレステージに登場する。
 浅見光彦(中村俊介)が淡路島の常隆寺という古刹で偶然、出会った男性が刃物で刺殺された。エメラルド製薬に勤める龍満智仁(江藤潤)は亡き父親の骨つぼを預かってほしいと常隆寺の住職に頼みに来たのだ。龍満家の菩提寺、山口県長門市の極楽寺の和尚によると、智仁の父の分骨などしていないという。
 骨つぼを巡って起こる連続殺人事件、事件の鍵を握るとみられる謎の女性の出現…。骨つぼが萩焼ではないかと推測した浅見は事件の真相にせまるべく山口県長門市に向かい、江月窯という窯元の森恵子(原史奈)という女性と出会う…。

スタッフ

■原作
 内田康夫

■企画
 成河広明

■脚本
 峯尾基三

■プロデューサー
 小林俊一(彩の会)
 大下晴義(彩の会)
 金丸哲也(東映)

■演出
 小林俊一(彩の会)

■音楽
 渡辺俊幸

■制作
 フジテレビ
 彩の会