流れ星

第3回 2010年11月1日放送 あらすじ

二人の秘密…

 岡田健吾(竹野内豊)と槇原梨沙(上戸彩)は、役所に婚姻届を提出した。これでふたりは夫婦となり、梨沙は結婚の条件だった金を健吾から受け取った。そして、母の和子(原田美枝子)に結婚を報告。移植手術までの間、梨沙は岡田家に住むことになった。
 その後、梨沙は、イメクラにやってくると、店長の白井(光石研)に借金を返済した。
 同じ頃、梨沙のアパートで兄の修一(稲垣吾郎)は、部屋の様子から、梨沙が部屋を出ていることを知る。修一は、梨沙の行方を知ろうと部屋中を物色。新江ノ島水族館の入場券の半券を見つけると、水族館へと向かう。
 一方、健吾の妹のマリア(北乃きい)は、健吾と相澤美奈子(板谷由夏)が結婚する日を心待ちにしていた。神谷凌(松田翔太)は、はしゃぐマリアを笑顔で見守る。そんな神谷に、健吾からマリアのドナー候補が見つかった、と連絡が入った。
 梨沙と打ち解けつつある和子は、健吾と梨沙を連れ出すと、デートスポットでふたりの写真を撮ったり、結婚指輪を購入させたりした。今後、移植の前に、医師やカウンセラーからドナーを志願した理由、結婚や夫婦のことなどを聞かれるため、少しでも夫婦らしく見えるように、という配慮からだ。その後、健吾と梨沙が夕食の買い物をしていると、川本順二(杉本哲太)と妻の千鶴(ちすん)が声をかけてきた。健吾と梨沙の関係を怪しんでいるふたりに、梨沙は、自分は健吾の家に住まわせてもらっている「いとこ」だと言い、ふたりもそれを信じる。
 そんな折、マリアは病院の廊下で、沢村涼太(桐山照史)と出くわす。と、そこに涼太に向かい手を振る女性がいた。姉の琴美(早織)だった。マリアとふたりだけになった琴美は、妊娠中の自分は涼太のドナーにはなれないと悔しがり、涙を流す。マリアは、移植という言葉が気にかかる。
 そして、ついに移植前の面談の日がやってきた。会議室に通された健吾らは…。

スタッフ

■脚本
 臼田素子
 秋山竜平

■企画
 金井卓也

■プロデュース
 中野利幸

■演出
 宮本理江子
 石井祐介
 並木道子

■音楽
 井筒昭雄

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組