第3回 2015年7月21日(火)放送 あらすじ

119番に隠された真実!病の孤独な少年を救え!

再開発プロジェクトで濱田(田中圭)を出し抜きたいタツヤ(AKIRA)は、次なる用地取得のターゲットを幸多市内の大型総合病院「幸多病院」に定める。そんな折、近所で火災発生との通報が相次いでいた。
タツヤは、消防団の活動服のまま幸多病院に潜入。院内の事情にくわしい入院患者の少年・藤井カイト(藤本哉汰)の言葉をヒントに院長(小須田康人)に接触し、再開発の交渉にこぎ着ける。
そんなある日、エリ(菜々緒)が気になる話を持ちかけてきた。幸多市長とつながりの深い国会議員の秘書が、金と引き替えに市の再開発計画で便宜を図るよう口を利いてやるというのだ。最初は、不正献金だと退けるタツヤだったが、病院長に再開発計画への同意を断られ、社長の日比野(稲垣吾郎)に痛烈な言葉を浴びせられて追い詰められ、この申し出を受けることに。
一方、第十一分団のメンバーは、消防士にあこがれているカイトの病状を知る。カイトは、リハビリをしても治る可能性はわずか。リハビリにも身が入らず、「どんなに頑張っても、無理なものは無理」と絶望していた…。
そんなカイトを励まそうと、咲良(栗山千明)らは消防士の仕事を体験させるサプライズを計画。その当日にエリの仲介で議員秘書と会う約束をしていたタツヤは参加を断ると、「アイツに夢だけ見せるのは残酷」と咲良を批難するが…。

スタッフ

【脚本】
丑尾健太郎『ショムニ2013』 映画『THE LAST MESSAGE 海猿』(脚本協力)
大浦光太『ショムニ2013』『スイッチガール!!2』
坪田文『私と彼とおしゃべりクルマ』

【プロジェクト原作】
秦建日子「ファイアマンの遺言」(角川文庫)

【演出】
小林義則『アンフェア』『海猿EVOLUTION』『すべてがFになる』
佐藤源太『ゴーストライター』『SMOKING GUN ―決定的証拠―』

【チーフプロデューサー】
笠置高弘(関西テレビ)

【プロデューサー】
萩原崇(関西テレビ)
豊福陽子(関西テレビ)
岩田祐二(共同テレビ)
柳川由起子(共同テレビ)

【アソシエイトプロデューサー】
重松圭一(関西テレビ)

【音楽】
菅野祐悟『銭の戦争』『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』

【制作】
関西テレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組