第6回 2015年8月11日(火)放送 あらすじ

リストラ危機!消防団が分裂!仲間の絆つなぐ真実

消防団の活動を続けながら再開発プロジェクトの仕事を進める決意をしたタツヤ(AKIRA)。再開発に賛成する地権者を着々と増やす中、かたくなに反対を貫く地権者・菅井武雄(斉木しげる)に頭を悩ませていた。
一方、就活中の大学生団員・松山(吉沢亮)は、面接で消防団の活動をアピールするが不採用ばかり。イライラを募らせる松山は、第十一分団のメンバーに八つ当たりし、会社で成績不振にあえぐ鳴海(正名僕蔵)に「鳴海さんみたいになりたくない」と言い放つ。
翌日、第十一分団と幸多消防署の合同訓練が行われたが、松山のやる気のない態度に等々力(鈴木伸之)が憤慨。「就活に有利って聞いたから入ったのに。全然役に立たない」と消防団をバカにする松山につかみかかり、2人は大ゲンカに。その揚げ句、「就活に集中したい」と団の活動を休むと言い出した松山を、咲良(栗山千明)は複雑な思いで送り出す。
同じ頃、交渉に応じない菅井に手を焼いていたタツヤはエリ(菜々緒)に相談しようとするが、エリはなぜか電話に出ようとしない。そして、タツヤと力を合わせてプロジェクトを進めるはずの濱田(田中圭)にもあやしい動きが…。
そんな折、鳴海が取引先との商談をある理由ですっぽかし、リストラの危機に追い込まれてしまった。幸多市にある会社をクビになれば、消防団も続けられなくなる鳴海を案じる第十一分団の面々。そんな咲良らに追い打ちをかけるように、松山も団を辞めると言い出して…。

スタッフ

【脚本】
丑尾健太郎『ショムニ2013』映画『THE LAST MESSAGE 海猿』(脚本協力)
大浦光太『ショムニ2013』『スイッチガール!!2』
坪田文『私と彼とおしゃべりクルマ』

【プロジェクト原作】
秦建日子「ファイアマンの遺言」(角川文庫)

【演出】
小林義則『アンフェア』『海猿EVOLUTION』『すべてがFになる』
佐藤源太『ゴーストライター』『SMOKING GUN ―決定的証拠―』

【チーフプロデューサー】
笠置高弘(関西テレビ)

【プロデューサー】
萩原崇(関西テレビ)
豊福陽子(関西テレビ)
岩田祐二(共同テレビ)
柳川由起子(共同テレビ)

【アソシエイトプロデューサー】
重松圭一(関西テレビ)

【音楽】
菅野祐悟『銭の戦争』『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』

【制作】
関西テレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組