不毛地帯

第18回 2010年3月4日(木)放送 あらすじ

汚れた英雄

 近畿商事が米独立系石油開発会社オリオン・オイル社と組んでイランのサルベスタン鉱区を落札してから3年8カ月が過ぎようとしていた。副社長となった壹岐正(唐沢寿明)は、人事、総務、業務、海外事業の四部門を掌握し、事実上、近畿商事の経営全般を指揮する権限を有するようになっていた。一方、石油部長だった兵頭信一良(竹野内豊)は、石油、ガスなどを統括するエネルギー部門の担当常務に昇進していた。サルベスタンではすでに3本の井戸を掘っていたが、石油は一滴も出なかった。現在、四号井の掘削を進めているものの、これまでに合計50億円もの掘削費が泡と消えていた。そんな矢先、四号井が深さ4750フィートで逸泥を起こし、いつ暴噴するかわからないとの連絡が入る。現地に向かった兵頭は、石油があると思われる深度5000~8000フィートまで掘り進める方法を模索した。だが、これ以上掘るのは不可能だという現場責任者の判断もあり、四号井の廃坑を決断する。四号井の廃坑を受け、日本石油公社は近畿商事への支援打ち切りを決定する。壹岐は、社長の大門一三(原田芳雄)に五号井の掘削を願い出た。しかし大門は、公社が手を引いた以上資金繰りができないとして、サルベスタンから撤退すると言い出す。開発を諦めきれない壹岐は、中東の石油事情に詳しい国際ロビイストの竹中莞爾(清水紘冶)を訪ね…。

スタッフ

■原作
 山崎豊子
 『不毛地帯』(新潮文庫刊)

■脚本
 橋部敦子

■演出
 水田成英

■プロデュース
 長部聡介
 清水一幸

■メインテーマ
 坂本龍一

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組