不毛地帯

第10回 2009年12月17日(木)放送 あらすじ

恋と野望

 壹岐正(唐沢寿明)は、千代田自動車と米・フォーク社との提携を画策。韓国の光星物産会長・李錫源(榎木孝明)の助力を得て、フォーク会長との会談に成功した壹岐は、提携に関する委任状を取り付ける。本社に委任状を届けるために帰国することになった壹岐は、韓国に立ち寄り、李のもとを訪れた。李の仲介により、崔大統領に会う機会を得た壹岐は、ソウルで地下鉄の敷設計画があり、日本の援助を必要としていることを知る。帰国した壹岐は、副社長の里井達也(岸辺一徳)を訪ね、千代田自動車とフォーク社の提携に際し、連絡に行き違いがあったことを謝罪すると、韓国の地下鉄計画に関する情報を伝える。その際、里井は、副社長の1人・一丸松次郎(山田明郷)が次期社長の座を狙って積極的に派閥作りを進めている、と切り出し、壹岐に意見を求めた。それに対して壹岐は、次期社長は、社長の大門一三(原田芳雄)を長年支えてきた里井をおいて他には考えられない、と答える。その夜、壹岐は、銀座で開かれていた秋津千里(小雪)の個展に顔を出す。2年ぶりの再会を果たした2人は、互いに目に見えない結びつきのようなものを感じていた。あくる日、壹岐は、大門、里井とともに、千代田自動車とそのメインバンクである第三銀行との三者会談に臨む。そこで壹岐は、提携に関するフォーク社側の意向を伝えるが…。

スタッフ

■原作
 山崎豊子『不毛地帯』(新潮文庫刊)

■脚本
 橋部敦子

■演出
 水田成英

■プロデュース
 長部聡介
 清水一幸

■メインテーマ
 坂本龍一

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組