める人物像

報道局とは

政治、経済、社会、国際等、各ジャンルのニュースを取材する記者が所属するのがこの局です。また、記者が取材した情報や映像を基に、ニュース番組を制作・放送するのも報道局が行っています。ニューヨークやワシントン等、海外11か所にある支局の特派員も報道局のメンバーです。

プロフィール
1988年入社。営業局を経て、91年に報道局に異動し、細川、村山政権で連立与党キャップ、小渕、森、小泉政権で平河・官邸キャップを務める。『ニュースJAPAN』『報道2001』を担当し、『スーパーニュース』のプロデューサーを7年間務め、11年から政治部長。15年から局次長、17年より現職。

求める人物像

テレビでこれをやりたいんだという熱い気持ちを持っていて、かつ、時代の先を読む力がある人材が必要と感じています。
テレビの現場は、仕事がきつい場面もありますが、反響も大きく非常にやりがいがある職場です。それゆえ、これを伝えたいんだ、こういうのをやりたいんだという想いがないとつらいと感じる時も出てきます。そういう情熱を持っていることが必要と感じています。
また、ネットの発展で、テレビ・メディアのあり方が大きく変わりつつあります。そうした時代の先を読み、新しい感性でテレビの今後を担う人材を求めています。

フジテレビの魅力

とにかく若いうちからチャンスを貰える職場です。頑張れば頑張るほど、チャンスも増え、キチンと評価して貰えるところが最大の魅力です。