FNSチャリティキャンペーン

2020年度のFNSチャリティキャンペーンはモザンビーク共和国の子どもたちを支援します

モザンビークは、アフリカ大陸の南東部にある世界最貧国のひとつです。天然ガスなどの資源に恵まれ、今後の経済成長が期待されていますが、その恩恵は多くの人に届いていません。
国民の約半分が国際貧困ライン(1日約200円)以下で生活しています。人口の大多数が天候に依存する自給自足の農業を営む中・北部の農村地域は開発が遅れており、貧困層が特に多くなっています。

詳細はこちらから

気候変動は、自然災害や農作物の不作、栄養不良やマラリア、下痢症などの感染症の増加など、人々に大きな影響をもたらし、特に貧しい人々へ甚大な被害を及ぼします。
国連事務総長は、2019年にモザンビークを直撃した過去最大級のサイクロンが気候変動の「新たな警鐘」であると述べています。
集まった募金は、ユニセフを通じて、モザンビークの子どもたちの支援に使われます。皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

モザンビークへの募金はこちらから

募金のお申し込みへ

最新活動レポート

もっと見る

  • イルカさん作”SORAちゃん”
  • 支援国のポスター・パネル・番組DVD貸し出します

  • 主催 フジネットワーク28社
  • 個人情報保護の取り扱いについて

FNSチャリティキャンペーン事務局へのお問合せ

TEL:03-5500-2000 受付時間(平日 09:00〜18:00)

メールでのお問合せ