FNSチャリティキャンペーン

FNSチャリティキャンペーンについて

FNSチャリティキャンペーンメインテーマ

世界の子どもたちの笑顔のために
世界の子どもたちの笑顔のために

FNSチャリティキャンペーンは1974年の設立以来、ユニセフ(unicef=国際連合児童基金)とともに、厳しい環境で暮らす世界の子供たちのために支援活動を続けています。

この間、2007年度までは「アジア・アフリカの恵まれない子どもを救おう」をテーマにしていましたが、2008年度からはアジア・アフリカにとどまらず、さらに視野を広げて「世界の子供たち」を対象に支援活動を行うことになりました。新たなメインテーマは「世界の子どもたちの笑顔のために」です。


世界の子どもたちの笑顔のために

アジア・アフリカの子どもたちの支援では、「HIV/エイズ」や「貧困」など具体的な支援テーマを設定して現地取材を行い、放送を通して支援国の実情を日本中の皆様にお伝えしてきました。当初バングラデシュやカンボジア、ネパールといった発展途上国を継続的に支援してきましたが、近年は大規模自然災害の被災国が支援国になる機会も増えました。

2008年度からのメインテーマ「世界の子どもたちの笑顔のために」にもそのスピリットは変わりません。FNSチャリティキャンペーンでは、これからも報道機関として、世界の各地の子どもたちの真実の姿をありのままにお伝えし、一人でも多くの子どもが笑顔を取り戻せるよう、心から願いつつ支援活動を続けていく所存です。


世界には、今この瞬間にも失われなくてもなくてもいいはずの命を失いつつある子どもたちが大勢います。その子どもたちのために、今後も皆様の温かなご支援をよろしくお願いいたします。

趣旨と概要

世界の子どもたちの笑顔のために

放送事業者でもあるテレビ局は、法令やルールを遵守することだけにとどまらず、より高い公共性と放送倫理の使命感を強く持ち、社会からの共感や信頼を得ることが重要と考えています。フジテレビは、放送事業の公共的使命と社会的責任を果たし、高い倫理観を持って行動していくことを念頭に置き、国際社会への貢献活動の一つとして、1974年にユニセフと協力し、フジテレビ系列28局からなるFNSチャリティキャンペーンを立ち上げました。

FNSチャリティキャンペーンの支援テーマは、2007年度まで『アジア・アフリカの恵まれない子どもを救おう』でしたが、創設35年目を迎えた2008年度より、アジア・アフリカを含めた世界の子どもたちの生活に目を向け、貧困や差別、また、HIV/エイズに苦しむ子どもたちのための支援を行なうことにしました。 そこで支援テーマを一新し『世界の子どもたちの笑顔のために』としました。これは協力関係にあるユニセフ本来の考え方でもあり、FNSチャリティキャンペーンとしても『アジア・アフリカ』だけではない『世界の子どもたち』への支援を訴えていくことにしました。


FNSチャリティキャンペーンでは、今後もご支援くださる皆様と一緒に、一人でも多くの世界の子どもたちが『笑顔』を取り戻せるよう、貧困・差別・HIV/エイズに苦しむ子どもたちの手助けになるよう支援活動を続けてまいります。
皆様方のご理解と、温かいご支援を心よりお願いいたします。

なお、過去の支援国や支援額、そして近年、皆様の寄付金がどのように使われてきたかについて、このホームページに記載しましたので、参照していただければと思います。

世界の子どもたちの笑顔のために
  • イルカさん作”SORAちゃん”
  • 支援国のポスター・パネル・番組DVD貸し出します

  • 主催 フジネットワーク28社
  • 個人情報保護の取り扱いについて

FNSチャリティキャンペーン事務局へのお問合せ

TEL:03-5500-2000 受付時間(平日 09:00〜18:00)

メールでのお問合せ