ウォーターボーイズ2

第7回 2004年8月17日(火)放送 あらすじ

#7 先生のための嘘

 泳吉(市原隼人)のことを好きだという梢(鈴木えみ)の告白が波紋を呼んでいた。梢に思いを寄せる仙一(斉藤慶太)と佐野(木村了)は、彼女の告白にショックを受けるが、泳吉にはその気がないようだと知ると、急に元気を取り戻していた。
 そのころ、姫乃高校では、学園祭の準備が着々と進められていた。しかし、学園祭に出店できるのは部活動かクラス単位、という決まりがあるため、シンクロ部が廃部になったままの泳吉たちにはまったくチャンスがなかった。
 そんな中、チェス部が姫乃高校初めての男子部として活動を許される。それを知った男子生徒たちは、チェス部に便乗して何か出店しようと大騒ぎだ。

 そんな折、早乙女(金子貴俊)が臨時採用から本採用になる、という話が浮上する。それを知った泳吉たちは大喜びだ。その早乙女に、今後の活動について相談を持ちかけた泳吉たちは、彼からあるアイデアを授けられる。それは、かつて早乙女がいた唯野高校水泳部が近くにある桜木女子高校でシンクロ公演を実現させたように、他校の学園祭に参加させてもらえればいい、というものだった。
 そのためには、実力をつけるしかない、と思った泳吉たちは、早乙女が話をつけてくれたスポーツジムのプールで、新しい技をマスターしようと特訓を開始。同時に、シンクロ公演をやらせてくれる高校を探し始めた。学園祭で演奏するために自作曲を完成させようとしていた栞(石原さとみ)は、梢が、泳吉のために高校探しを手伝っていると知って驚くが…。

 ある夜、矢沢家に、洋介(中尾明慶)や仙一、岩田(小池徹平)、佐野、そして梢がやってきた。梢が、学園祭でシンクロ公演をやらせてくれる高校を見つけてくれたのだという。その知らせを聞き、ますますやる気を見せる泳吉たちは、さっそくプールに練習に向かった。すると、そのプールでは早乙女がシンクロの練習をしていた。早乙女は、泳吉たちに何かアドバイス出来れば、という思いから、密かに新しい技を練習していたのだ。泳吉たちは、そんな早乙女の思いに答えようと、決意を新たにしていた。

 ところがそこで、思わぬ事態が起きた。早乙女が本採用されるのは、姫乃高校ではなく、別の高校だったのだ。早乙女は、それを泳吉たちに言い出せず…。

キャスト

水嶋泳吉 … 市原隼人
矢沢 栞 … 石原さとみ
  ・
山本洋介 … 中尾明慶
川崎仙一 … 斉藤慶太
岩田巌男 … 小池徹平
佐野秀樹 … 木村 了
  ・
早乙女 聖 … 金子貴俊
大原夏子 … 山口紗弥加
  ・
大場加代 … 浅見れいな
越野晴香 … 井上和香
北川 梢 … 鈴木えみ
樫山礼子 … キムラ緑子
  ・
水嶋亀吉 … 今福將雄
矢沢 薫 … 森下愛子
  ・
矢沢 明 … 小日向文世
  ・
粕谷耕造 … 佐野史郎

スタッフ

■原作
  矢口史靖/アルタミラピクチャーズ
■脚本
  橋本裕志
■企画
  金井卓也
  関口大輔
■演出
  佐藤祐市
  高橋伸之
  吉田使憲
■プロデューサー
  船津浩一
  柳川由起子
■音楽
  佐藤直紀
■制作
  フジテレビジョン
  共同テレビジョン

オススメ番組