トップキャスター

第1回 2006年4月17日(月)放送 あらすじ

嵐を呼ぶオンナ

 ニューヨークから日本へ向かう飛行機の客席で一人の女性が目を覚ます。椿木春香(天海祐希)だ。帰国した春香を迎えに来たのは、一人の男。CNBテレビの報道局長、柴田勝俊(児玉清)だ。
 その頃、CNBテレビの報道局スタッフルームには新番組『ニュースDEゴー!』の打ち合わせが行われようとしていた。石場小吉プロデューサー(生瀬勝久)、蟹原健介ディレクター(玉木宏)、サブキャスターの野原芽衣(松下奈緒)、伊賀俊平(松田翔太)、紺野令子(須藤理彩)、角高孝男(矢島健一)らが集まる中、肝心のメインキャスターが現れない。
 そんな中、放送されていたニュース番組でお天気キャスターの飛鳥望美(矢田亜希子)が大失態。実は、彼女も新番組スタッフの一人。望美の失態を、柴田と乗る車のテレビで見ていた春香は、思わず噴き出していた。
 その望美がスタッフルームに行くと、石場がメインキャスターは春香だとスタッフに明かす。すると、一同大ブーイング。場の状況が飲み込めずにいる望美に、スタッフたちは春香がかつてCNBで伝説のキャスターと呼ばれた仕事主義の女で、スクープを獲るためには手段を選ばなかったことを教える。そして、春香の番組は打ち切られていた。その春香がなぜ? 今更?
 一同が戦々恐々と待ち受ける中、ノックの音が。こわごわとドアを開くと…現れたのは柴田。柴田は、スタッフたちをスタジオに誘う。スタジオでは春香がセットの様子を見ていた。石場がスタッフたちを紹介しようとすると春香が遮る。そして、春香は石場が考えた『ニュースDEゴー!』を企画、タイトルごとばっさりと切り捨て、スクープ獲得を目指す『ザ・ニュース』を立ち上げると宣言。呆然とする一同を尻目に、春香は、ぽかんとしている望美に向かって、自分のアシスタントになるよう指示。アシスタントとしての第一歩は、自分と24時間行動を共にすることだと春香に言われても…、訳が分からない望美だったが、春香から強引に握手を求められて、望美は反対する間もなく…。
 しぶしぶながらも、春香のマンションに引っ越してきた望美。しかし、春香の部屋は未開封の自分の引越しダンボールで一杯。しかも、望美に与えられた部屋はウォークインクロゼットだった。
 会社に向かいながら、なんとかアシスタントから外してもらおうと春香に掛け合う望美だが、春香は全く相手にしない。そんな二人は、局のエレベーターで取締役の結城雅人(谷原章介)と一緒になる。春香と雅人は顔見知りの様子。というか、春香はライバル心むき出しで、いきなり雅人の頬を張った。またしても、望美には訳がわからない。春香と雅人の関係って、いったい…?
 スタッフルームでは、春香の番組方針、スクープをどう獲るかで石場たちが頭を悩ませる。そんな中、週刊誌に取り上げられたセレブの西園寺真嗣(平山広行)の結婚が話題になった。結婚相手は、普通の女性だという。その女性の名を見た望美は、中学時代の同級生、加山聡子(大路恵美)だと気付く。それを耳にした春香は、望美に聡子へ取材を申し込むよう指示を出すが…。

キャスト

天海祐希
矢田亜希子
玉木 宏
谷原章介
松下奈緒
松田翔太
田丸麻紀
  ・
須藤理彩
矢島健一
  ・
生瀬勝久
児玉 清

ほか

スタッフ

■脚本
 坂元裕二

■演出
 平野 眞

■プロデュース
 現王園佳正

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組