離婚弁護士II~ハンサムウーマン~

第7回 2005年5月31日(火)放送 あらすじ

#7 絶対別れない女

 早朝、ジョギングをしていた柳田(佐々木蔵之介)は、貴子(天海祐希)が三神(宇梶剛士)の車から降りるのを偶然目撃してしまう。柳田は、この情報をすぐさまつや子(戸田恵子)や亜紀(片瀬那奈)に伝えていた。
 一方、大介(玉山鉄二)は、絵里(瀬戸朝香)のことが気になっていた。最近の絵里はいつになく穏やかで、嬉しそうに携帯電話で話したりしていたからだった。
 そんな折、事務所に依頼人の野波真理(中山忍)がやってくる。区民プールの水泳指導員をしている真理は、2年前、仕事先で建設会社社長の北尾龍三郎(清水こう治)と知り合い、親しくなったのだという。龍三郎には妻と成人した子どもがいたが、妻の芙美子(江波杏子)とは8年以上別居状態で、結婚生活は事実上破綻していた。真理は、そんな龍三郎と結婚の約束をしたが、芙美子が頑なに離婚に同意しないのだという。
 形の上では不倫とはいえ、このケースでは、一定の条件を満たせば、龍三郎からの離婚請求が認められるものと考えられた。それは、(1)夫婦の別居生活が二人の年齢、同居期間と比べて、相当の長さになること(2)夫婦間に未成熟の子どもがいないこと(3)相手配偶者が、離婚により、精神的・社会的・経済的に極めて過酷な状況に置かれないこと、だった。(1)と(2)は問題なく、(3)に関しても、龍三郎は、芙美子に自宅屋敷の権利と慰謝料2000万円を用意する準備がある、ということから、問題は無さそうだった。
 そのとき、亜紀がある新聞記事に気づく。それは、龍三郎が自宅マンションから転落して重体、という記事だった。貴子は、ただちに龍三郎が入院している病院へと向かうが…。

キャスト

間宮貴子 … 天海祐希
佐伯絵里 … 瀬戸朝香
本多大介 … 玉山鉄二
柳田俊文 … 佐々木蔵之介
緒方亜紀 … 片瀬那奈
三神達也 … 宇梶剛士
大庭 保 … 松重 豊
北尾芙美子 … 江波杏子
北尾龍三郎 … 清水こう治
野波真理 … 中山 忍
小向つや子 … 戸田恵子
井上紀三郎 … 津川雅彦

スタッフ

■原作・脚本
 林 宏司

■演出
 葉山浩樹

■プロデュース
 長部聡介
 古屋建自

■制作
 フジテレビ ドラマ制作センター

オススメ番組