離婚弁護士II~ハンサムウーマン~

第1回 2005年4月19日(火)放送 あらすじ

#1 対決!最強弁護士

 エリート渉外弁護士として活躍中に独立を試みるも、大手企業から妨害を受け、いざ独立するとそれまで畑違いだ、とバカにさえしてきた家事事件を扱わざるを得なくなった間宮貴子(天海祐希)。しかし、貴子は家事事件を通して数多くの人間ドラマを目の当たりにし、弁護士としても人としても成長を遂げてきた。そんな貴子はメディアにもしばしば登場し、今や渉外、家事事件共に扱う売れっ子弁護士。間宮貴子法律事務所は、大繁盛していた。

 そんな中、貴子のもとへ内気なOL・倉田麻美(1話ゲスト:内山理名)が依頼人としてやってきた。かつて交際していたIT会社経営者・青木和馬(1話ゲスト:橋本さとし)を婚約不履行で訴えたいという。ただ、指輪や結納など具体的な婚約の証明手段がないため、争いは難航の兆し。麻美の主張を通す術を模索する貴子の前に、対立相手・青木の弁護人として現れたのが、元検事・通称「辞め検」で今は敏腕「離婚弁護士」の佐伯絵里(瀬戸朝香)だった。その気丈な性格と一歩も譲らない冷徹な仕事振りとで、早くも貴子の“強力なライバル”としてのキャラクターを発揮。二人が婚約不履行をめぐって激しく火花を散らす中、見えてきた「真実」とは?

 間宮貴子法律事務所には、おなじみ司法試験を目指しながら貴子の下で働く大学生・本多大介(玉山鉄二)、事務所では貴子以外の唯一の弁護士・柳田俊文(佐々木蔵之介)、そして司法試験こそパスできないが、過去の判例や文書作成には長けているパラリーガル・井上紀三郎(津川雅彦)のほか、多忙を極める事務所を手伝うため雇われたもう一人のパラリーガル・小向つや子(戸田恵子)、法律には全く興味のない受付嬢・緒方亜紀(片瀬那奈)が新たに加わることに。また、人気女性誌編集長・三神達也(宇梶剛士)や事務所メンバー行き着けの居酒屋「鬼の涙」のマスター・大庭保(松重豊)といった、新たな出会いを経験する間宮貴子のドラマが繰り広げられていく。

キャスト

間宮貴子 … 天海祐希

佐伯絵里 … 瀬戸朝香

本多大介 … 玉山鉄二

柳田俊文 … 佐々木蔵之介

緒方亜紀 … 片瀬那奈

三神達也 … 宇梶剛士

大庭保 … 松重 豊

倉田麻美 … 内山理名

青木和馬 … 橋本さとし

社長 … 蛭子能収

小向つや子 … 戸田恵子

井上紀三郎 … 津川雅彦

スタッフ

■原作・脚本
 林 宏司

■演出
 久保田哲史

■プロデュース
 長部聡介
 古屋建自

■制作
 フジテレビ ドラマ制作センター

オススメ番組