西遊記

第6回 2006年2月13日(月)放送 あらすじ

武勇伝!!新しい仲間

 とある寺院の外で焚き火を囲んで話す三蔵法師(深津絵里)と沙悟浄(内村光良)。悟浄は、旅を続けるために精をつけるため鶏でも食べようと三蔵に勧める。しかし、三蔵は仏に仕える身と首をふる。そんな仏の道を孫悟空(香取慎吾)と猪八戒(伊藤淳史)も、ようやく理解してきたようだと悟浄に話す三蔵だが…。
 その頃、寺の広間では悟空と八戒が三蔵に隠れて鶏を食おうと苦戦中。食われてたまるかと逃げ回る鶏を、得物を持って追いかける悟空と八戒は、過って寺の観音像を殴り、その腕を全て落としてしまった。三蔵に知られてはまずいと、壊れた観音像を隠そうとすると悟浄に見つかってしまう。困った悟空と八戒は、悟浄の口を封じようと袋に詰めて、寺の裏にある怪しげな森に投げ捨ててしまった。
 悟空と八戒が広間に戻ると、三蔵が入ってくる。観音像に感服する三蔵だが、どうも悟空と八戒の様子がおかしい。そこに、凛凛(水川あさみ)が勢い良く入ってきた。悟空と八戒は、悟浄の仕業と三蔵に説明。その悟浄が裏の森に逃げたと言うと、凛凛が話に割って入る。悟浄が森の中に入ったとしたら、まずいことになると凛凛は言うのだ。三蔵がわけを聞くと、凛凛は伴ってきた修周(成宮寛貴)を招じ入れる。近くの村で王室の鳥飼をしているという修周は、裏の森は人を食らう森だと一同に話す。
 慌てて悟浄の姿を森へと捜しに行く一行。しかし既にその姿は無かった。
 広間に戻ると、修周はこの辺りを治める森桜国の兵隊も森に入って一人残らず姿を消したと言う。修周は森桜国の姫、冥蘭(釈由美子)を妖怪がさらって森に逃げたため、兵隊たちは追いかけ、そして姿を消したというのだ。姫を助けに森に入ると修周が決意を語ると、三蔵は助太刀を申し出た。悟空と八戒は、いやいやながらも三蔵、修周と森へと分け入っていくこととなるのだ。歩みを進める内に、お互い気に食わなかったはずの悟空と修周の間には次第に友情が育まれていくのだった。

キャスト

孫悟空 : 香取慎吾
沙悟浄 : 内村光良
猪八戒 : 伊藤淳史
修周 : 成宮寛貴
冥蘭 : 釈 由美子
凛凛 : 水川あさみ
老子 : 大倉孝二
三蔵法師 : 深津絵里

スタッフ

■脚本
 坂元裕二

■プロデュース
 鈴木吉弘
 澤田鎌作

■協力プロデュース
 菊地裕幸

■演出
 澤田鎌作

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

■制作著作
 フジテレビ

オススメ番組