福家警部補の挨拶

第9回 2014年3月11日(火)放送 あらすじ

福家、密室に閉じ込められ容疑者になる

ここは聖南総合病院救命センターの初療室。今は稼働しておらず、備品置き場になっている。
ある晩、その場所に入ってきたのは、聖南総合病院・外科部長の森本和弘(長谷川公彦)。しかし、彼はこの後死体となって発見されることになる。
同じ備品置き場にやってきたのは先日、同病院に配属されたばかりと語る眼科医の木原幸信(林遣都)、そして丸山陽子(室井滋)。さらに少し時間をおいて荒川勉(きたろう)が黒い大きなかばんを持って入ってきた。お互い不審人物ではと疑う中、ふいにその隅に、白い布を被った森本医師の死体を発見する。驚きおののく3人のところへさらに福家警部補(檀れい)が入ってくる。遺体に驚きながらも皆に現場を保持するべく動かないよう指示を出す。しかし、刑事であることを証明するものを福家は持っていなかった。同僚の見舞いに来て手洗いに出た後、迷いこんでしまったと説明するが、警察手帳も持たず、いつも通り全く刑事らしくないいでたちのため、誰も福家が刑事だと信じてくれない。かばんを置いてきてしまったため、福家は携帯電話も持っていない。その場で唯一携帯電話を持っていた木原が警察に連絡をする。しかし、一向に警察は現れない。福家は3人に質問を重ね、推理を始めるが、他の3人は刑事であるとは信じず、福家は妄想の激しい人間と扱われてしまう。
福家はこの前代未聞の事態をどうやって切り抜け、真実に迫ることができるのか。

キャスト

福家警部補(強行犯第十三係 主任):檀れい
石松和夫警部(強行犯第十三係 係長):稲垣吾郎
二岡友成巡査(現場鑑識係):柄本時生
田所勉警部補(強行犯第十三係 筆頭主任):中本賢

木原幸信(聖南総合病院・眼科医):林遣都
丸山陽子(聖南総合病院・外科看護師):室井滋
荒川勉(ジェスター製薬株式会社・営業部次長):きたろう

スタッフ

【原作】
大倉崇裕(東京創元社/創元推理文庫)

【脚本】
麻倉圭司

【企画】
水野綾子

【編成企画】
清水一幸

【プロデュース】
貸川聡子

【演出】
佐藤祐市

【音楽】
横山克

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組