福家警部補の挨拶

第11回 2014年3月25日(火)放送 あらすじ

真の正義とは?福家が警部補である理由

車椅子の老女、後藤喜子(八千草薫)がミカンを落とし、通りがかりの男、網山聡(松本実)に拾ってもらう。その間に、老人、後藤秀治(山本學)が網山の持っていた黒かばんと用意していた黒かばんをすり替えた。その後、合流した喜子と秀治。二人は実は夫婦であった。二人は静かに近くの喫茶店へ場所を移す。
一方、網山は宝石店強盗殺人事件の犯人グループの一人で、この黒かばんを持ったまま、仲間と次の犯罪計画を練っていた。そのとき、すり替えられたかばんに入っていた爆弾がさく裂する。犯人たちは、この爆発で全員即死してしまった。
野次馬でごった返す爆発現場に駆けつけた福家警部補(檀れい)は、車いすに乗った喜子とぶつかってしまう。この出会いがすべての始まりだった。福家は爆破が起きた際、近くの喫茶店に老夫婦がいたとの証言を得て後藤夫婦の家を訪ねる。この老夫婦に違和感を覚えていたのだ。そんな福家の訪問を夫の秀治はいぶかしむ。だが、喜子はどこかうれしそうに応対していた。
一方、石松和夫警部(稲垣吾郎)は、福家のこれまでの経歴を把握し、処遇についてある決断をし、告げる。福家は意外な反応をするが…。なぜ自ら捜査一課に異動して来たのか。自身の口から、あることが語られようとしていた。
福家自らの過去と重なる老夫婦の悲しき犯行。彼女にとって過去最大の捜査が始まろうとしていた。

キャスト

福家警部補(強行犯第十三係 主任):檀れい
石松和夫警部(強行犯第十三係 係長):稲垣吾郎
二岡友成巡査(現場鑑識係):柄本時生
田所勉警部補(強行犯第十三係 筆頭主任):中本賢

後藤喜子:八千草薫
後藤秀治:山本學

矢崎良太郎(宝石店強盗犯):阿部亮平

麻生孝史(宝石店強盗犯):山根和馬
鳥島秀(宝石店強盗犯):白洲迅
網山聡(宝石店強盗犯):松本実

ほか

スタッフ

【原作】
大倉崇裕(東京創元社/創元推理文庫)

【脚本】
麻倉圭司

【企画】
水野綾子

【編成企画】
清水一幸

【プロデュース】
貸川聡子

【演出】
岩田和行

【音楽】
横山克

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組