福家警部補の挨拶

第7回 2014年2月25日(火)放送 あらすじ

福家敗北!史上最強の敵あらわる

城北大学の近辺で、黒ずくめの服装で被害者を襲う強盗事件が多発。大学でも学生や教授に事件に対する注意を喚起していた。
そんなある日、城北法科学科特任教授の柳田嘉文(古谷一行)は、元教え子で同じ大学の講師、池内国雄(みのすけ)の研究室を訪ねる。柳田は、池内に弱みを握られ、警察庁科学警察研究所への推薦を頼まれていた。約束通り推薦したことを伝える柳田。しかし、池内は今後も柳田を利用するため、柳田の弱みの証拠のディスクを返さなかった。その夜、柳田は黒ずくめの衣装で池内を待ち伏せ、殺害してしまう。
池内の死体は、数時間後に発見され警察の捜査が始まる。陣頭指揮に立つ石松和夫警部(稲垣吾郎)たちは、これまでに発生した一連の強盗事件容疑者による犯行と目星をつけた。しかも、これまでには出なかった死亡事件がついに発生してしまった。警察の威信にも関わる事件だ。しかし、福家警部補(檀れい)は現場周辺の聞き込みをという石松の指示に従わず、どこかへ向かってしまう。
福家は城北大学にある池内の研究室へ。そこに、柳田がやって来る。福家は池内の所持品のキーリングに「自宅」とシールが貼られた鍵が1本だけがあったことに疑問を持っていた。「自宅」と区別する以上は、同じような鍵が別にあったのではないか。それが職場のものだったとしたら?と、思い当たる。
その件をはじめ、不審な点を見つけた福家は池内を教えていた柳田に直接話を聞くことにする。池内の研究室からは何も盗られた様子はないと柳田は答える。だが、福家は何者かが池内の研究室に寸前に入った痕跡に気づく。実は直前まで柳田が証拠を隠滅していたのだった。

キャスト

福家警部補(強行犯第十三係 主任):檀れい
石松和夫警部(強行犯第十三係 係長):稲垣吾郎
二岡友成巡査(現場鑑識係):柄本時生
田所勉警部補(強行犯第十三係 筆頭主任):中本賢

柳田嘉文(城北大学法科学科特任教授):古谷一行

スタッフ

【原作】
大倉崇裕(東京創元社/創元推理文庫)

【脚本】
麻倉圭司

【企画】
水野綾子

【編成企画】
清水一幸

【プロデュース】
貸川聡子

【演出】
岩田和行

【音楽】
横山克

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組