福家警部補の挨拶

第10回 2014年3月18日(火)放送 あらすじ

少女は何を見たか?石松の福家への秘めたる想い

菅村巽(岩城滉一)はかつて菅村組三代目組長の婿養子として四代目組長を務めていたが、三代目の娘でもある自身の妻を組同士の抗争に巻き込まれ失ってしまう。娘を失った三代目は組を解散することを決定。その言葉に忠実に従い菅村は組をたたみ、警備会社をたちあげ組員たちを社員として働かせて1年が経とうとしていた。
しかし、そんな四代目を不甲斐なく思った元組員たちがいた。そのひとり、元若頭の遠藤次郎(デビット伊東)は組の復活という要求を菅村にのませるために菅村の長女・菅村比奈(吉田里琴)を誘拐してしまう。だが、遠藤の本当の狙いは組復活によって麻薬の販売ルートを確保することだった。
菅村は娘とカタギとなった元組員たちを守るため、ある手段をとることを決意する。菅村は遠藤とつながる元組員・金沢肇(米村亮太朗)を利用して遠藤に会いに行き、そこで一気に遠藤と金沢を殺害。菅村は、誘拐犯たちが仲間割れにより起こした殺害事件と見せかけることに成功した、はずだった。菅村がふと気が付くと、目隠しをされ監禁されていた娘の比奈が2人を殺害した現場に立ち尽くしていた。自分と悟られることのないよう、比奈をそのままにして菅村はその場を立ち去る。
事件現場にいつものように駆けつけた福家警部補(檀れい)を今回ばかりは石松和夫警部(稲垣吾郎)は制止することなく事件の担当を命じる。というのも、田所勉警部補(中本賢)が凄惨を極める事件現場を正視することもできない状況だったからだ。悲惨な状況に福家は一切動じることがない。そんな福家の様子を見るにつけ石松は彼女の過去に何があったのかを探らずにはいられないのだった。福家の過去がついに明らかになる時がくるのか…。

キャスト

福家警部補(強行犯第十三係 主任):檀れい
石松和夫警部(強行犯第十三係 係長):稲垣吾郎
二岡友成巡査(現場鑑識係):柄本時生
田所勉警部補(強行犯第十三係 筆頭主任):中本賢

菅村巽(元菅村組組長・現警備会社社長):岩城滉一
菅村比奈(菅村の娘):吉田里琴
遠藤次郎(元菅村組幹部):デビット伊東
金沢肇(元菅村組組員):米村亮太朗

スタッフ

【原作】
大倉崇裕(東京創元社/創元推理文庫)

【脚本】
麻倉圭司

【企画】
水野綾子

【編成企画】
清水一幸

【プロデュース】
貸川聡子

【演出】
岩田和行

【音楽】
横山克

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組