福家警部補の挨拶

第8回 2014年3月4日(火)放送 あらすじ

捜査権を失った福家大逆襲開始!

4件の連続強盗事件が続くなか、ついに5件目で、死亡者が出たとあって警察の威信にかけた捜査が続いていた。
福家警部補(檀れい)は真犯人は、城北大学法科学科特任教授・柳田嘉文(古谷一行)と見て捜査を続けていたが確証が得られないまま、5件すべての事件の犯人は今井圭三(柳憂怜)と断定される。しかし彼は遺体で発見され、事件は終着する。
福家は捜査を継続しようとするが、これ以上同事件に関わることを許さないと石松警部(稲垣吾郎)に言われてしまう。
一方、石松も今井が犯人であることを証明する揺るぎない物証が次々と出てくるため、逆に今井が犯人であるのか疑問を持ち始めていた。
福家が捜査から離れ、二岡鑑識係(柄本時生)らは、福家が警察を辞めてしまうのではと心配しながら、今井の所持品の捜査を続けていた。
だが、福家がここで引き下がるはずはなかった。福家は柳田教授が徹底して証拠を隠滅しているはずで、殺害された被害者・池内国雄の研究室には証拠はないと考える。そして福家は23年前に亡くなった柳田の妻の実家を訪れ、話を聞いていたのだった。

キャスト

福家警部補(強行犯第十三係 主任):檀れい
石松和夫警部(強行犯第十三係 係長):稲垣吾郎
二岡友成巡査(現場鑑識係):柄本時生
田所勉警部補(強行犯第十三係 筆頭主任):中本賢

柳田嘉文(城北大学法科学科特任教授):古谷一行

スタッフ

【原作】
大倉崇裕(東京創元社/創元推理文庫)

【脚本】
麻倉圭司

【企画】
水野綾子

【編成企画】
清水一幸

【プロデュース】
貸川聡子

【演出】
岩田和行

【音楽】
横山克

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組