JOKER ジョーカー許されざる捜査官

第3回 2010年7月27日(火)放送 あらすじ

偽装されたストーカー殺人

 心中と思われる若い男女の遺体が発見された。第一発見者は、内海晴香(重廣礼香)の婚約者・山原哲司(黄川田将也)で、晴香と一緒に死亡した男は晴香の元恋人・猪俣政典(中村邦晃)だという。晴香のストーカーだった猪俣に動機も物証もあることから、猪俣による無理心中と断定されるが、伊達一義警部(堺雅人)は腑に落ちない。早速、伊達は宮城あすか(杏)を連れて山原に会う。山原は、猪俣が晴香に付きまとい暴力を振るうこともあったようだと証言。晴香はそんな男をなぜ部屋に入れたのだろうかと尋ねる伊達に、山原は、自分や周囲の目を気にしていたんだろうと答える。
 同じ頃、ルポライター・片桐冴子(りょう)は、井筒将明(鹿賀丈史)を訪ね、過去に17人の事件の容疑者が行方不明になっている“神隠し”について切り出す。それらの事件のうち2件はマスコミに公表されていないことから、冴子は、警察内部の人間が関与する可能性もあると言う。
 一方、伊達が山原の完璧なアリバイの前に行き詰まりを感じていると、鑑識官の久遠健志(錦戸亮)が現われ、布団で遺体を包めば死亡推定時刻を操作できると助言。しかし、現場にそんな痕跡は残されていなかった。
 後日、あすかと晴香の実家を訪ねた伊達はあることに気づく…。

スタッフ

■企画
 立松嗣章
 太田 大

■脚本
 武藤将吾

■プロデュース
 稲田秀樹
 永井麗子

■演出
 都築淳一

■音楽
 井筒昭雄

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組