ウチくる!?

放送終了

2015年8月23日(日)放送 あらすじ

速水もこみち:日本橋

●中国料理 小洞天
【住所】
中央区日本橋1-2-17
【電話】
03-3272-1071
【内容】
1944年創業。「美味求真」をモットーに、伝統の料理を守りながら新しい料理にも挑戦、探究している中国料理店。特に、創業以来変えることなくその味を守り続けている「シウマイ」は歴史と共にお客様から愛され続けている。

・冷やししぐれ辣麺 1,050円
お店独自の和を取り入れたきゅうり・レタス・大根おろしがのったピリ辛冷やし担々麺。中華の芝麻醬や辣油をきかせ、胡麻の香りの中に大根おろしが良くマッチした、見た目にも斬新な盛り付けで冷たい麺と、パリッと揚げた麺の両方を一度に食べられるその食感がクセになる一品。

【営業時間】
月~金
11:00~15:00(L.O・14:30)
17:00~22:00(L.O・21:00)

土・日・祝日
11:00~15:00(L.O・14:30)
17:00~21:00(L.O・20:15)

【定休日】
年中無休


----------------------------------------------------------------------------------------------


●わなびばkitchen333
【住所】
中央区東日本橋3-3-3
【電話】
03-3662-3746
【内容】
“和の心をもって、縁を絆に育みゆとりを産む第3の居場所の創造”をモットーに、体に優しい食材を基本としその食材のもつ本来の味や食感を引き出す料理となる味付けや調理方法を心掛けている、心も身体もホッと満たされる心地の良いカフェ。土・日・祝日はキッチンやフロアをレンタルスペースとして利用する事ができる。

【営業時間】
11:30~21:00
(ランチ L.O・13:30/ディナー L.O・20:30)

【定休日】
第2・4水曜日の17:00以降
土・日・祝日


----------------------------------------------------------------------------------------------


●ZEN茶'fe
【住所】
中央区日本橋室町1-11-2
【電話】
03-3270-3672
【内容】
南部鉄釜で沸かしたお湯で淹れた本格煎茶と、アボカドをふんだんに使用した料理がウリの抹茶カフェ。
それぞれのフロアを「天・空・地」と表現し、近隣で働くOLや会社員などのくつろぎのスペースとして日本橋で14年間愛され続けている。

・ZEN茶あんみつ 980円
甘さ控えめの抹茶ソフトにオリジナルの抹茶シロップをかけ、トッピングはこだわりの黒糖かんてん・甘煮したあんず、特製あんこ、ぎゅうひ、白玉、ホイップクリーム、最中の7種類を豪勢に盛り付けた人気の一品。

・抹茶(M) 480円
お茶の本場、京都の宇治市から取り寄せた抹茶の粉を、南部鉄釜で沸かしたお湯で丹念に泡立てて淹れた本格抹茶。
≪ZEN茶'feゆかた特典≫
ゆかた着用で20種類のドリンクが半額!!

【営業時間】
平日 7:00~22:30(L.O・22:00)
土曜日 11:00~18:30(L.O・18:00)
日・祝日 11:00~17:30(L.O・17:00)

【定休日】
なし


----------------------------------------------------------------------------------------------


●日本橋いづもや
【住所】
中央区日本橋本石町3-3-4
【電話】
03-3241-2476
【内容】
厳選された鰻のみを使用した各種鰻料理は、お店独自の人気メニューも数多く取り揃えており、わざわざ足を運んで下さるお客様に絶対良いものだけを提供できるよう日々努力をし続けている1946年創業の鰻割烹。

・うな重(竹) 2,592円
基本的に、原料の活鰻は宮崎・鹿児島といった九州のものを使用。一匹一匹鰻の性質を見極め、その鰻にあわせた調理法で仕上げており、関東風の蒸しのきいたふっくらとした鰻に旨味が凝縮された一品。

≪日本橋いづもや ゆかた特典≫
ゆかた着用で肝吸い432円を無料サービス。 ※うな重(竹)以上を注文の方のみ。

【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00(L.O・21:00)

【定休日】
日曜・祝日

キャスト

【MC】
中山秀征
中川翔子

スタッフ

【演出】
須藤勝

【プロデューサー】
大和田宇一
西敏也

【ディレクター】
本田賢司
阿部一志
手島正裕
須田基之