ウチくる!?

放送終了

2017年7月16日(日)放送 あらすじ

吉田栄作・平野ノラ:六本木で最新バブリーグルメ巡り

●金肉
【住所】
港区六本木5-2-6 3階
【電話】
03-6804-3729
【内容】
2017年3月にオープンした、焼肉専門店。九州産最高級黒毛和牛「黒樺牛」のA5ランクを中心に、厳選したお肉を用意しており、様々な部位をタレや塩など様々な味付けで堪能することができる極上焼肉はもちろんサイドメニューやデザートに至るまで一切の妥協を許さずつくり上げた逸品メニューが揃っている。

・金肉名物ブリしゃぶ こだわり卵&トリュフと共に 4,200円(税抜)
肉の王様「シャトーブリアン」の薄切りを、天然キノコ約30種類を8時間煮込んだ特製キノコスープの割り下に、キヌガサタケ・カキノキダケ・ハナビラダケ・タモギタケなどの希少きのこと共にくぐらせ、さっとしゃぶしゃぶし、伊勢神宮奉納のこだわり卵に絡めて頂く絶品メニュー。

【営業時間】
17:00~翌5:00

【定休日】
日曜日


----------------------------------------------------------------------------------------------


●西麻布 けんしろう
【住所】
港区西麻布4-2-2
【電話】
03-6427-2949
【内容】
全室個室、スタッフによる焼き方のフルアテンドなどサービスの行き届いた「おもてなし」日本一の焼肉店を目指している高級焼肉割烹。店主自らが全国を廻り、生産者の方々と出逢い、想いとこだわりを理解し共感した上で厳選した最高の食材を、いちばん美味しい状態でお客様のもとへ届ける事だけを考え、最高の料理へと昇華させた絶品メニューの数々を頂くことができる名店。

・尾崎牛シャトーブリアン けんしろう焼き 20,000円(税サ別)※コースをご注文の方のみ
月に20頭ほどしか流通しない尾崎牛を中心に、全国から店主が選んだ最高級黒毛和牛を使用し、部位にあった最良の調理方法で作り上げるお店の看板メニュー。けんしろう焼きとは、低温調理法でタンパク質の固まらない温度でじっくりと火を入れたお肉に薫香の香りをまとわせ焼き上げるお店特有の調理法。

【営業時間】
17:00~24:00

【定休日】
日曜日


----------------------------------------------------------------------------------------------


●マルゴット・エ・バッチャーレ
【住所】
港区西麻布4-2-6
【電話】
03-3406-8776
【内容】
世界各地の産地から直接価格で仕入れた世界最高峰のトリュフを、「丸ごと」頂くことをコンセプトにしているレストラン。香り高いトリュフの中から好きな一つを選んだら、料理の仕上げはお客様自身で、思う存分トリュフをスライスして、極上の一皿を完成させることができるトリュフ三昧のお店。料理は、「トリュフを楽しむためのお料理」と、「旬の食材を楽しむお料理」を組合わせた全9~10皿となるコースのみ。

・季節のプリフィクスコース 12,000円(税サ別)※トリュフは別料金

・マルゴット特製目玉焼きトースト ※コース内に含まれているメニュー。
日本一の卵に選ばれた栃木県産・磨宝卵の黄身だけを使った目玉焼きに、ボルディエのバターで香ばしく焼き上げたトーストと、フォンドヴォーとポルト酒で作った濃厚なソースを添えた一品。濃厚な黄身とコク深いソースと、冬黒トリュフの妖艶な香りの組合わせが最強のメニュー。

・トリュフのためのTKG
鋳造ホーロー鍋で炊き上げた山形県産・つや姫に、贅沢に冬黒トリュフを使った卵かけご飯。炊き立てのご飯に冬黒トリュフをたっぷりと削り入れ、ご飯と混ぜて一気に香りを立て、お茶碗にご飯をよそってから更にトリュフをたっぷりとスライスし、栃木県産・磨宝卵の黄身だけを落とし、仕上げに独自ブレンドの醤油をたらしたら、世界で一番贅沢なTKGの出来上がり!

【営業時間】
18:00~(L.O・22:30)

【定休日】
日曜・祝日・第一土曜

キャスト

【MC】
中山秀征
中川翔子

スタッフ

【チーフプロデューサー】
大和田宇一

【プロデューサー】
須藤勝
中間恒
太田兼仁

【ディレクター】
山下浩一
磯田裕介