ウチくる!?

放送終了

2016年12月25日(日)放送 あらすじ

市川右近:東京で食べる京都の超名店グルメ

●京のぶぶづけ処 近為
【住所】
千代田区丸の内1-9-1 大丸松坂屋百貨店12階レストランフロア
【電話】
03-6895-2887
【内容】
自家製の漬物や特製の粕漬、味噌漬の魚と肉をメインにした定食や、看板メニュー「京のぶぶづけ」(お茶づけ)などを頂ける、明治12年創業の京の漬物店が運営するお食事処。販売ブースも併設しており、自家栽培の京野菜で漬けた創作漬物や魚などを購入することもできる。

・京あわせ 1,800円(税込)
ゆず大根の元祖でお店一番人気の柚こぼしと、きゅうりと大根のピリ辛しょうゆ漬詩仙きゅうり、季節のおすすめ商品昆布味白菜の漬物3点と、4種の味噌をブレンドした漬床に銀鮭を漬け込んだ鮭の味噌漬け、野菜のエキスが染み込んだ奈良漬の粕で漬け込んださわらの粕漬けをいっぺんに頂ける贅沢和食膳。

【営業時間】
11:00~23:00(L.O・22:00)

【定休日】
1月1日


----------------------------------------------------------------------------------------------


●京都銀閣寺 ますたにラーメン 日本橋店
【住所】
中央区日本橋1-6-7 関谷ビル1階
【電話】
03-3272-8548
【内容】
京都のラーメン激戦区で70年以上歴史を持つ名店の日本橋店。食材は、醬油・ねぎ・つけものなど、京都と同じものを取り寄せるなどこだわっており、ねぎに関しても毎日京都から直送されてくるものを使用するなど、京都の名店の味を東京で楽しむことができる。

・ますたにラーメン 780円(税込)
スープは、醬油をベースに隠し味を加えて作るタレに、自家製の辛味噌と、鶏ガラをじっくり時間をかけてたいたスープ、国産Aランク豚の濃厚背脂を加えたものを使用し、その特製スープと良く絡む特製中細麺と、群馬県産もち豚チャーシュー、京都から直送される九条ネギをたっぷりのせた京都を代表する京ラーメン。

【営業時間】
10:30~23:00

【定休日】
不定休


----------------------------------------------------------------------------------------------


●リストランテ イル ギオットーネ 丸の内
【住所】
千代田区丸の内2-7-3 東京ビル1階
【電話】
03-5220-2006
【内容】
2002年に京都の本店がオープンし、京都発信のイタリアンとして2005年に丸の内にオープンしたお店。旬の野菜や京野菜などの伝統的な食材をふんだんに使用し、全国の生産者から届く新鮮な素材に京料理のエッセンスを加えた新しいイノベーティブイタリアンを頂くことができる。

・パスタランチ(雲子と九条葱のパスタ) 1,800円(税抜) ※パスタは季節によって変わります。
新鮮な京野菜の上に柚子風味の泡ドレッシングをのせたサラダと、昆布出汁ベースのソースにパスタを絡め、ソテーした九条ネギと、片面だけソテーしたタラの白子を混ぜ合わせたパスタのランチセット。温かい石で保温してあるホカホカでモチモチのパン付き。

【営業時間】
11:00~14:00(L.O)/18:00~20:30(L.O)

【定休日】
不定休


----------------------------------------------------------------------------------------------


●モリタ屋 東京丸の内店
【住所】
千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング35階 
【電話】
03-5220-0029
【内容】
京都で明治2年創業の牛肉を中心とした食肉卸の会社が運営しているお店。関西風すき焼きや、しゃぶしゃぶ、オイル焼き、ステーキなど自社の牧場で生産から販売まで一貫管理している牛肉を堪能することができ、丸の内ビルの35階からの眺望も良く、デートや食事会などで賑わっている。

・嵯峨野 すき焼きコース(ランチ) 6,000円(税抜)
国産黒毛和牛の赤身肉と霜降り肉のセットメニュー。肉の味を活かすため上品な甘さのザラメと、秘伝の割り下で味付けした肉は、歯切れもよく絶品。すき焼きの野菜は、九条葱、京菊菜など京野菜と共に、京豆腐など京都から直送で届く食材を使用している。

【営業時間】
月~土 11:00~15:00/17:00~23:00
日・祝日 11:00~15:00/17:00~22:00

【定休日】
元日・ビルに準ずる。

キャスト

【MC】
中山秀征
中川翔子

スタッフ

【演出】
須藤勝

【プロデューサー】
大和田宇一
西敏也

【ディレクター】
本田賢司
阿部一志
手島正裕
須田基之