ウチくる!?

放送終了

2016年5月22日(日)放送 あらすじ

ホラン千秋:中野/テンションMAXグルメ

●マグロマート
【住所】
中野区新井1-10-12
【電話】
03-5942-5594
【内容】
「おいしいマグロをカジュアルに楽しむ」をテーマに、マグロの固定概念を変え、驚きと楽しさを提供しているマグロ専門店。トロや赤身、お寿司やお刺身はもちろん、普段目にすることのない希少部位も多数取り揃えており、様々な食べ方でマグロを楽しむことができる。

・本まぐろ中落ち(手巻き寿司セット含む) ※数量限定。日によってサイズや値段に変動有り。
骨ごと運ばれてくる本まぐろの赤身を、スプーンで削りながら頂くインパクト大の一品。その日によって、サイズや値段に変動はあるが、みんなでワイワイ食べるのに十分な中落ちを低価格で頂ける人気のメニュー。

・本マグロ断面刺し 2,480円(税込)
マグロのお腹の頭に近い脂ののった部分を豪快に輪切りにし、赤身・中トロ・大トロを全部まるごと楽しめる一品。

【営業時間】
月~土 17:00~24:00(L.O・23:15)
日曜 16:00~23:00(L.O・22:15)

【定休日】
不定休


----------------------------------------------------------------------------------------------


●炉釡ステーキ 煉瓦
【住所】
渋谷区渋谷1-6-4
【電話】
03-3409-2911
【内容】
全てのお肉料理の調理に薪と炭を熱源とした、大きな塊肉を焼くことに優れている「薪窯」を使用しており、木の持つ自然な香りが纏い風味の良い、薪釜のメリットを活かした様々なお肉料理を頂けるお店。

・煉瓦コース プランA 8,200円(税抜)
その日提供するメインのお肉を選び、切らずにそのまま薪釜で調理した約6kgの肉の塊を毎日20時に焼き上げ、そのお肉に対してマリア―ジュさせた料理と一緒に時間に合わせてきたお客様で分け合い頂くお店の看板メニュー。水分量やサシの具合いなどを考え5~6時間かけて焼き上げたお肉は、1人前250~300gに切り分け塩で味付けし、最後にもう一度釜で焼き上げコースのメインとして頂く。

【営業時間】
18:30~23:30

【定休日】
日曜日


----------------------------------------------------------------------------------------------


●原宿Solomons(ソロモンズ)
【住所】
渋谷区神宮前2-31-20 B1階
【電話】
03-6434-9201
【内容】
アンティーク家具をふんだんに使用した店内が魅力的な、奥原宿の隠れた宮殿レストラン。ランチは、石焼きローストビーフ、ディナーはチキンリゾットが人気で、広めの店内では結婚式の二次会や貸切パーティーにも最適で、キッズチェアーも完備しているためお子様連れのお客様も安心して利用することができる。

・濃厚イタリア産グラナ・パダーノのクリームリゾット 1,680円(税込)
12か月発酵させたイタリア産のグラナ・パダーノチーズにブランデーで火を点けチーズを柔らかくし、ブランデーの香りが付いたチーズの上でアルデンテに仕上げたリゾットを混ぜ合わせ、卓上で再びチーズを削って仕上げる人気のメニュー。

【営業時間】
11:30~15:00/18:00~24:00

【定休日】
年末30・31日のみ


----------------------------------------------------------------------------------------------


●Kitchen HASEGAWA
【住所】
渋谷区円山町22-16
【電話】
03-6416-1081
【内容】
日本ハンバーグ協会が主催するハンバーググランプリでエコノミー部門の金賞を受賞したデミグラスハンバーグを頂ける洋食屋。ハンバーグの他にも、チキンカツやポークピカタ、ミックスフライなどもあり、営業時間中はいつでも頂ける定食も人気。

・デミグラスハンバーグ定食 980円(税込) ※サラダ・ライス・スープ・デザート付き
合挽き肉と一緒に牛タンの挽肉を混ぜた、肉厚でふっくらと柔らかいジューシーなハンバーグから出る肉汁と、一日以上かけ作られた濃厚なオリジナルデミグラスソースが絶妙に絡まった絶品ハンバーグ。1日100個限定で12時にオープンして16時ごろには売り切れてしまうほどの大人気メニュー。

【営業時間】
12:00~食材終了まで(17:00頃目安)

【定休日】
不定休

キャスト

【MC】
中山秀征
中川翔子

スタッフ

【演出】
須藤勝

【プロデューサー】
大和田宇一
西敏也

【ディレクター】
本田賢司
阿部一志
手島正裕
須田基之