ぼくの夏休み

第1回 2012年7月2日(月)放送 あらすじ

平成24年夏。和也(綾部守人)とはる菜(二宮星)は上野駅を目指し、大勢の人ごみの中を歩いていた。両親に離婚問題が浮上し、夏休みの間、茨城県にある母の実家に兄妹二人で預けられることになったのだった。
「死ね!死ね!」電車に乗り、携帯電話でゲームを始める和也。するとある老婆が注意する。そんな言葉使うんじゃない、と。戦時中、ここから汽車で兵隊に行った男たちはほとんどが死んだのだと言う。「戦争は恐ろしい…」老婆の目がギョロリと和也を睨みつける。
老婆から逃げるように、途中下車した和也とはる菜。駅のホームで次の電車を待っていると汽笛が聞こえてくる。迫力ある轟音や蒸気とともに迫って来るSL。すると、和也が手にしていた携帯電話の表示が『圏外』へと変わり…。

キャスト

綾部守人
二宮星
崎本大海
高岡早紀
升毅
うつみ宮土理

スタッフ

【脚本】
樫田正剛

【演出】
松田秀知

【プロデュース】
服部宣之(東海テレビ)
後藤勝利(共同テレビ)

【企画】
西本淳一(東海テレビ)

オススメ番組