ラストホープ

第7回 2013年2月26日(火)放送 あらすじ

普通の女の子として生きたい…白血病患者の心を溶かす希望のノート

高度先端医療センター、午後の診察終了間際、波多野卓巳(相葉雅紀)は自分が担当する本日最後の患者を荻原雪代(小池栄子)に診て欲しいと頼む。当然、嫌がる雪代を卓巳は半ば強引に自分の診察室に連れて行く。
そこには雪代が以前、担当していた西村杏子(谷村美月)がいた。事情を知った卓巳の計らいだが、雪代は杏子が高度先端医療センターへ来た事に不安を抱く。杏子は急性骨髄性白血病を発症し、他の病院で余命宣告をされていた。
卓巳と雪代は治療方法を相談し、臍帯(さいたい)血移植を杏子に勧める。だが、杏子は長年の辛い治療と、100%完治の見込みがないと雪代たちが正直に告げる臍帯血移植に否定的。それどころか、早く治療の苦しみから逃れたいと投げやりになっていた。卓巳は杏子にとって一番良い治療プランを考えると、励ますのだが…。
一方、入院中の坂崎多恵(石田ひかり)の心臓幹細胞の培養は順調に進み、間もなく移植可能という段階に入っていた。多恵は相変わらず仕事に熱中し、病室でも吉野万奈美(紺野まひる)にキツいダメ出しを行うため、高木淳二(田辺誠一)たちに心臓に負担がかかるとストップをかけられるほど。多恵とは対照的に、治療プランには全く興味を示さず、生きる意欲をなくす杏子。卓巳は、そんな杏子のために一計を案じる。

キャスト

波多野卓巳…相葉雅紀
橘歩美…多部未華子
高木淳二…田辺誠一
荻原雪代…小池栄子
副島雅臣…北村有起哉
時田真希…桜庭ななみ

波多野邦夫…平田満
鳴瀬哲司…高嶋政宏
古牧利明…小日向文世

スタッフ

【脚本】
浜田秀哉

【プロデュース】
成河広明
古屋建自

【演出】
葉山裕記
石井祐介
谷村政樹

【音楽】
Ken Arai

【制作】
フジテレビ

オススメ番組