BOSS(2009年)

第3回 2009年4月30日(木)放送 あらすじ

女の敵は絶対に許さない

 大澤絵里子(天海祐希)は、女性雑誌『エピソード』の読者モデル2人が立て続けに暴行されるという事件を担当することに。参事官補佐の野立信次郎(竹野内豊)は、次の被害者を出さないためほかのモデルに刑事を付け警戒していると言うが、そんな中、警護の刑事の一瞬の隙をつき再び暴行事件が起こる。
 3人目の被害者・樋口ゆかり(酒井若菜)は重傷ではないが、精神的なショックを受けていた。病院でゆかりに面会した絵里子は状況を察し、警護のため木元真実(戸田恵梨香)を病室に残す。しかし、人と接するのが苦手な真実はゆかりにどう言葉をかけていいのかわからない。
 その頃、絵里子は、片桐琢磨(玉山鉄二)、花形一平(溝端淳平)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)、山村啓輔(温水洋一)ら、「特別犯罪対策室」のメンバーに、事件の経緯を説明していた。『エピソード』に5人いるカリスマ読者モデルのうち、3人が襲われた今回の事件。現場には、手錠と猿ぐつわが残されていたが、指紋も検出されず、また、被害者女性たちもショックのあまり犯行時のことを話したがらないため、犯人像が見えてこない。
 絵里子は被害者の警備を強化し心のケアもさせるため、真実に代えて山村をゆかりの元へ、ほかのふたりの被害者の元には片桐を派遣する。
 そんな中、野立が捜査一課の刑事・小野田忠(塩見三省)から得たと言って、三上弘明(七枝実)という男の情報を持ってくる。三上はモデルたちの行きつけのバーの店員で、最初の被害者のモデルを執拗に誘っていたが相手にされなかったことを逆恨みしていた。
 また、過去には覚せい剤での逮捕歴もあり、現在は行方も知れないという。絵里子は、花形を連れて三上のアパートを捜索するが、マスク、手錠、猿ぐつわを見つけるものの、大きな手がかりは得られない。
 ところが翌日、とある山中の小屋で三上の死体が発見されたとの一報が入る。現場に向かった絵里子は鑑識から、三上が一連の犯行の責任を取って自殺したのだろうと聞く。実際、遺書と思われるメモと死因となった塩化カリウムを打った注射器が残されていた。
 「特別犯罪対策室」に戻った絵里子は、三上の自殺で事件が落着したと安堵する刑事たちに、三上は他殺だと言い放つ。科捜研の鑑識官・奈良橋玲子(吉瀬美智子)は、三上が何者かに手足を縛られた上、無理やり塩化カリウムを注射され死亡したのだろうと、絵里子の主張を支持。絵里子は、三上の死亡推定時刻が2件目の犯行の前であることから、別の暴行犯が存在すると推測する。

キャスト

大澤絵里子 … 天海祐希
野立信次郎 … 竹野内 豊
木元真実 … 戸田恵梨香
花形一平 … 溝端淳平
奈良橋玲子 … 吉瀬美智子
岩井善治 … ケンドーコバヤシ
山村啓輔 … 温水洋一
片桐琢磨 … 玉山鉄二

スタッフ

■脚本
 林 宏司

■演出
 石井祐介

■プロデュース
 村瀬 健
 三竿玲子

■音楽
 澤野弘之
 和田貴史
 林 ゆうき

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組