いぬやしき

第8回 2017年11月30日(木)放送 あらすじ

犬屋敷麻理

侵入した特殊部隊から銃の乱射を受ける獅子神。獅子神は銃撃の巻き添えになり倒れたしおんとしおんの祖母を抱え、何とかその場を脱出する。気絶した2人を安全なところに避難させると、しおんとの幸せな生活に別れを告げ、涙を流し飛び去る。
別の日、獅子神や安堂のクラスメイトで犬屋敷の娘、麻理は偶然にも犬屋敷と安堂が一緒に病院に入るところを目撃し、彼らの後を追う。彼らが入っていった病室の様子を窺うと、そこでは麻理には信じられない出来事が起きていた。その後、犬屋敷が火災現場へと飛び立っていく姿を見て呆然とする麻理。同じ日の夜、深い絶望に打ちひしがれた獅子神は復讐を決意し、警察署を襲撃する。次々に警察官を射殺していく獅子神は抵抗する一人の若い刑事に向かって「どうせ追ってくるなら警察自体機能しなくなるように、無くしてやるよ」と宣言。その場にいた警察官や応援に駆け付けた特殊部隊を圧倒的な力で殲滅する。先ほどの若い刑事に「お前の勝ちだ…」と告げられるも「まだだよ」と言い残し、獅子神は去っていく。

キャスト

犬屋敷壱郎(いぬやしき いちろう)役: 小日向文世
獅子神皓(ししがみ ひろ)役: 村上虹郎
安堂直行(あんどう なおゆき)役: 本郷奏多

スタッフ

【原作】
奥浩哉(講談社「イブニング」所載)

【総監督】
さとうけいいち

【監督】
籔田修平

【シリーズ構成・脚本】
瀬古浩司

【キャラクターデザイン】
恩田尚之

【アニメーション制作】
MAPPA

【制作】
アニメ「いぬやしき」製作委員会

オススメ番組