フジテレビのCSR活動

2011年度活動報告

2011年度活動報告TOP
TOPICS
社会貢献活動
環境
番組
TOP2011年度 社会貢献トピックス被災地支援「こどもおうえんプロジェクト」宮城県岩沼市へ
2011年度 社会貢献トピックス

被災地支援「こどもおうえんプロジェクト」宮城県岩沼市へ

[2012年2月9日更新分]


1月26日、宮城県岩沼市でフジテレビが継続して行っている「こどもおうえんプロジェクト・食育出前授業『ハロー!どっこくん。』」を開催しました。今回の訪問は、岩沼市役所の協力もあって実現したものです。

岩沼市は、震災の際に津波の被害を受けた仙台空港がある場所です。

今回「チアフル保育園」と「西保育所」の2か所を訪問したのはフジテレビ・戸部洋子アナウンサーと仙台放送・広瀬修一アナウンサー。
そして特別ゲストには仙台放送のキャラクター・ジュニくん。

「特別にお友達が来ているよー」と言うと、子どもたちは「えっ?どっこくん!?」。スタッフにはちょっとうれしい子どもたちの勘違いです。

宮城県の子どもたちはみんな知っている「ジュニくん体操」の音楽に乗ってキャラクターのジュニくんが登場すると、「特別なお友達」に子どもたちの大歓声が!今回も大人気のジュニくんでした。

フジテレビでは、今後も、この「東日本大震災・こどもおうえんプロジェクト」を被災地のニーズに合わせ継続して展開しています。

フジテレビ 戸部洋子アナウンサーからのメッセージ

再び訪れた被災地の景色は様変わりして…

ひさしぶりの<どっこくん>イベントに行って参りました!
今回私が向かったのは、宮城県岩沼市。

早朝6時の新幹線に乗り込み、まず最初にお伺いしたのは「チアフル保育園」です。
保育園には岩沼市の職員の方も駆けつけてくださり、『ハロー!どっこくん。』の紙芝居を仙台放送のアナウンサー広瀬さんと一緒に園児たちに読み聞かせました。
みんな、目を輝かせて一生懸命聞いてくれましたよ!旬の野菜を紙芝居の中に発見すると、積極的に指をさして探してくれました。みんなとっても元気元気!!


仙台放送のキャラクター、ジュニくん(個人的にジュニくんのシュールな目が好き!笑)も、どっこくん体操から参加。最後はどこでも大人気『マルモリダンス』をみんなで踊り、子どもたちも楽しんでくれたようでした!
ちなみに広瀬さんはすっかり子どもに気に入られ、最後はもみくちゃ状態に(笑)。
子ども達を一気に3人も抱っこするという力技も見せてくれました!

岩沼市は、震災前、待機児童0であったにもかかわらず、震災後は保育園が被災し、現在は50人ほどの児童が待機しているとの事。ここにもまだ震災の爪痕は残っていました…。

移動の合間に沿岸部へも足を運びました。そこにあったはすのがれきは綺麗に片づけられ、何もなくなっていました…。震災直後に伺った時に見た<泥まみれで、車や木材や家具や服やおもちゃがそこら中に散乱していた光景>は、もうがらんとした空洞のような風景に変わっていました。<もうここに生活はないのだ>という景色なのです。また違った被災地を見てしまった気がしました。子どもたちの笑顔に囲まれる「こどもおうえんプロジェクト」ですが、被災地の現状を目の当たりにすることも、私たちの貴重な経験です。

最後に訪れたのは「西保育所」。ここでもやはり広瀬さんが大人気!みんなお行儀よく元気に楽しんでくれました!改めて、食育の大切さ、元気に食べていっぱい出して!毎日を健康に過ごせることの喜びを、私自身も感じる事ができた1日となりました。

文:戸部洋子(フジテレビ アナウンサー)

仙台放送 広瀬修一アナウンサーからのメッセージ

「こどもおうえんプロジェクト」参加で、新しい出会いが楽しみに!

私にとっては3度目の「こどもおうえんプロジェクト参加」。
今回は宮城県・岩沼市の保育園2箇所を訪れました。
雪が降る日が続く宮城県。寒さの中、朝9時に「チアフル保育園」に到着すると、園庭からパワー全開で遊んでいるこどもたちの笑い声。すぐに室内に入ってしまった私達とは違って、子どもたちは冬でも元気いっぱいです。


『どっこくん』体操と『マルモリダンス』をめいっぱい踊った後も、元気が有り余っている子どもたち。
順番に抱っこしているとみんなが集まってきて、気付いたら"おしくらまんじゅう状態"に。
子どもパワーに僕もタジタジでしたが、子ども達の笑顔に笑いがこみ上げてきてしました!

次の「西保育所」でも子どもたちはフルパワー。
さらに、みんながすっごくお利口さん。
紙芝居の時は、しっかり私達の話を聞いてくれるし、ダンスが終わって大はしゃぎした後でも、先生の号令ひとつで一列にきっちり整列。
そして、声を合わせた「ありがとうございましたー!」の挨拶に、私の背筋もぴっちり一直線。
お行儀のよさに感心しきりでした。

「こどもおうえんプロジェクト」へ参加するたびに、子どもたちとの新たな出会いがあって、僕も元気をもらえます。今度は、子どもたちとどんな出会いがあるのか。次の「こどもおうえんプロジェクト」参加が、すっごく楽しみです!

文:広瀬修一(仙台放送 アナウンサー)

※「こどもおうえんプロジェクト」についてはこちら

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.