ブルーモーメント

2024年4月スタート 毎週水曜よる10時放送

イントロダクション

“今”1番見たい俳優・山下智久さんの主演決定!
民放ドラマの主演は5年ぶり、
フジドラマ出演は『コード・ブルー』以来、
7年ぶり!
気象学の天才が、自然災害から人々の命を守る!

フジテレビでは、2024年4月スタートの水10ドラマ(毎週水曜・22時~22時54分)にて、山下智久さんが主演を務める『ブルーモーメント』を放送することが決定致しました。本作は、甚大な気象災害によって脅かされる人命を守るべく、知恵と知識を駆使して現場の最前線で、命がけで救助に立ち向かうSDM(特別災害対策本部)メンバーの奮闘物語。そんなSDMのチーフ/気象研究官を務める主人公・晴原柑九朗(はるはら・かんくろう)を演じる山下さんは、今作が5年ぶりの民放ドラマ主演となります(※参考1)。また、フジテレビ系ドラマの出演および主演は、大ヒットドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』(2017年7月期/月9ドラマ)以来、実に7年ぶり。近年、日本のエンターテイメント界にとどまらず、世界を股にかけるワールドワイドの活躍を見せる山下さんが満を持して、民放ドラマに帰ってきます!

『ブルーモーメント』は、現在『COMIC BRIDGE』(KADOKAWA)で連載中の同名コミックが原作。コミックスは2巻まで発刊しており(3巻は2024年4月発売予定)、ファンの間で映像化が強く待ち望まれてきた人気作品です。原作および番組タイトルの“ブルーモーメント”とは、日の出前と日の入り後のほんのわずかな間だけ、その街全体が濃い青色に染まる時間のこと。「ブルーモーメントを見られること」は、「いつもとなんら変わらない朝を無事に迎えられること」を意味します。あまりにささやかなこと、と思われるかもしれませんが、何よりも大切なそんな幸せを守るべく、命がけで奔走する新しいヒーロードラマがここに誕生!

山下智久さん演じる気象学の天才が、
人々の日常を守る!

主演の山下さんが演じる晴原は、気象庁気象研究所の研究官。端正な顔立ちと爽やかな笑顔がトレードマークで、報道番組のお天気コーナーにも出演している。だが、そんな姿からはまったく想像もつかない別の顔が晴原にはあり…。それは気象災害から人命を守るために活動するSDM(特別災害対策本部)の1人として災害現場で奮闘しているのだ。SDMとは、近年多発する自然災害において、対応の遅れによる人的被害の拡大を防ぐために内閣府直属のチームとして設置された組織。その中で、リーダー格(チーフ)を務める晴原は気象学の天才で、持ち前の頭脳と現場で感じた生の天気から膨大な気象情報を多角的に考察することができ、人命がかかる緊迫した状況でも一手先を読む力を持ち合わせている。一方で、口が悪い(毒舌の)ため、周囲からたびたび反感を買ってしまい…。だが、晴原の人命救助に対する熱い志や真っすぐな姿勢はやがて仲間の彼に対する見方を変え、共感を得た者たちと共に唯一無二の最強SDMチームを作り上げる。そんな晴原だが、彼にはずっと追い続けている謎が…。“気象学で命を救う”ことを志した理由、それは最愛の人の死。そしてそこにストーリー最大の謎があり、そのミステリーはドラマを通して描かれます!

大ヒット作『コード・ブルー』以来のフジドラマ帰還!この春イチの話題作になること必至!

山下さんがフジテレビ系ドラマに出演するのは、最終話の個人全体視聴率が10.6%、コア視聴率が10.6%、そして世帯視聴率が16.4%をたたき出した大ヒット主演ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』以来、およそ7年ぶりとなります(※参考2)。その後、同作は『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』として映画化され、興行収入93億円を記録するメガヒットを飛ばし、2018年の全邦画の中で興行収入トップを獲得。そして近年は日本のみならず、ワールドワイドに活躍の場を広げています。2020年に全世界90か国で公開され、大きな反響を呼んだ日欧共同製作の国際連続ドラマ『THE HEAD season1』(2020年6月~世界公開)で海外ドラマ初出演を果たすと、今年、米仏日共同製作の国際連続ドラマ『神の雫/Drops of God』(2023年4月~世界公開)で、待望の海外ドラマ初主演を務めました。そんな山下さんにとって、今作が実に5年ぶりの民放ドラマ主演となり、この春いちばんの話題作になること間違いなし!

「“今”1番見たい俳優」の完全新作ドラマに
日本中から熱視線が注がれる!

またフジテレビでは、2023年11月11日(土)~2024年1月11日(木)までの2カ月間、“フジドラWINTER!”と題し、フジテレビの50本を超える新旧ドラマをTVer・FODで無料配信を実施しています。その中で、山下さんが主演または準主演を担ったドラマ全4本<『プロポーズ大作戦』(2007年4月期/月9ドラマ)、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』(2008年7月期/月9ドラマ)、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2rd season』(2010年1月期/月9ドラマ)、『5→9~私に恋したお坊さん~』(2015年10月期/月9ドラマ>の再生回数が軒並み好調でキャンペーン成功を牽引しています。「“今”1番見たい俳優」と言っても過言ではない山下さん主演の完全新作ドラマにいやがおうにも期待が高まります!

脚本は、『イチケイのカラス』シリーズを手がけた浜田秀哉さん。2021年4月期で月9ドラマ『イチケイのカラス』をヒットさせ、2023年1月、見事映画化に導いたヒットメーカーです。音楽は、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズや『海猿』シリーズを担当した佐藤直紀さん。躍動感のあるオーケストレーションや人の胸に染み入る繊細で美しいメロディーが特長の佐藤さんが紡ぐサウンドは、命がけで臨む人命救助のギリギリの場面にさらに緊迫感を高めること必至。そんな彼らが主演の山下さんとタッグを組んでこの春お届けする珠玉の物語にぜひご期待ください。なお、クランクインは2月を予定。追加キャストや注目の主題歌等については後日発表致します。続報に乞うご期待!

(※参考1)『インハンド』(2019年4月期/TBS系)以来
(※参考2)視聴率は「ビデオリサーチ調べ・関東地区」。

山下智久

山下智久さんコメント

『コード・ブルー』以来、7年ぶりにフジテレビドラマで主演を務めることについて。

「幼い頃から数々の作品に出させていただいたフジテレビさん、7年ぶりにまたこのような素晴らしい作品で主演をやらせていただけること、光栄に思っております」

そしてどういう巡り合わせか、今回も再び「命を救う」ドラマになりました。その点について。

「実際、自分自身が人の命を救えるわけではないのですが、ドラマ『コード・ブルー』の時に番組を見て数年後にドクターになられた先生方にもお会いさせていただいたこともあります。感極まる経験をさせていただきました。このように、見ていただいた方々に間接的にでもプラスの影響を与えられるようなドラマにするべく、1センチ、1ミリ、1秒にこだわり、真摯に向き合っていきたいです」

原作を読んでの感想をお聞かせください。

「身近に感じていた“天気”について知らなかったこと、また掘り下げていく細やかな描写などがとても興味深く、のめり込んで読ませていただきました。生きていくヒントになるような原作からいただくパワーをドラマでもしっかり皆様にお伝えできるよう全力を尽くしますので、ぜひ放送を楽しみにしていてください」

高田雄貴プロデューサー
(フジテレビ ドラマ・映画制作部) コメント

「本作は、気象災害に立ち向かう世界的にも珍しいドラマです。異常気象がもはや“異常”ではなくなり、地球上の全ての人にとって“自分ごと”になっている今だからこそ本作をやるべきだ、そう思い企画しました。
原作は、小沢かな先生の同名タイトル漫画です。主人公が“卓越した数学脳で天気を解析する”画期的な原作のストーリーに、晴原のもとに仲間が集まっていくチームドラマという、もう1つの軸を加えることをご了承いただきました。
そしてその主人公・晴原柑九朗を演じて頂くのは、山下智久さんです。実は原作を読んでいた時から“実写化するなら晴原は山下さん以外いないだろう”と思っていました。まず小沢先生が描く晴原と山下さんがとても似ているんです(笑)。そして内面も、晴原は非常に芯が強いキャラクターなのですが、ストイックでそして何事にも真摯に向き合われる山下さんにぴったりです。“命を救う”役が日本トップレベルにハマる俳優である山下さんが、今回は天才的な数学脳を使ってバシバシと人々を救っていく姿、ぜひご注目頂ければ、と思います。
さらに本作には、脚本・浜田秀哉さん、音楽・佐藤直紀さんという最高の制作陣に集まって頂けました。浜田さんが紡ぐ緻密で感動的な物語と壮大で美しい佐藤さんの音楽に包まれ、山下さん演じる晴原が仲間たちを集めてチームを作り、人命を救っていく様子は、必ず視聴者の皆さまの心に“快晴”をお届けできると確信しております。来春の水曜22時枠、是非ご覧ください!」

キャスト&スタッフ

キャスト

晴原柑九朗
山下智久
雲田彩
出口夏希
園部優吾
水上恒司

汐見早霧
夏帆

スタッフ

原作
小沢かな『BLUE MOMENT』
(BRIDGE COMICS/KADOKAWA)
脚本
浜田秀哉
(『イチケイのカラス』シリーズ、『絶対零度』シリーズ 他)
音楽
佐藤直紀
(『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ、映画『ゴジラ-1.0』他)
演出
田中 亮
(『イチケイのカラス』シリーズ、『コンフィデンスマンJP』シリーズ 他)
森脇智延
(『イチケイのカラス』シリーズ、『SUITS/スーツ』シリーズ 他)
プロデュース
高田雄貴
(『イチケイのカラス』シリーズ、『刑事ゆがみ』他)
栗原彩乃
(『PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024』、『ナンバMG5』他)
制作著作
フジテレビ