海の上の診療所

第10回 2013年12月16日(月)放送 あらすじ

ついに最終章 Drコータの選んだ結末とは

航太(松田翔太)は、事務長の日内(荒川良々)から「船を降ります」宣言を禁じられる。さらに日内は、海診丸のメンバーに徹底した経費削減を指示。メンバーは混乱するが、日内はその理由をメンバーに言わなかった。
釈然としない中、航太と眞子(武井咲)は、来年から海診丸の巡回ルートとなる誉島の診療所を訪れる。海診丸がこの島の集団検診を受け持つことになり、患者の情報共有をするためだった。
その診療所で、航太は研修医時代の指導医・瀧山晴子(水野美紀)と再会する。誉島の出身でもある晴子は、以前から故郷の島で診療所を開くことを夢見ていた。が、医師としての腕を買われ、間もなく東京にある病院の血管外科に赴任することになったのだという。それが原因で、晴子は、両親を亡くしてからずっと面倒を見てくれていた漁協長の久松靖男(清水紘治)から厳しく非難されていた。
事情を知った航太は、夢を実現させた晴子が東京の病院に戻ることに疑問を抱き、彼女に会いに行くが…。

キャスト

瀬崎航太:松田翔太
戸神眞子:武井咲
内村葵:藤原紀香
三崎昇:福士蒼汰
日内晃:荒川良々
山中カルロス洋平:植野行雄デニス
前島邦宏:土屋裕一


海藤剛:寺島進
瀬崎玲子:麻生祐未

【#10ゲスト】
瀧山晴子:水野美紀
池上信吾:東根作寿英
久松洵子:赤座美代子
久松靖男:清水絋治

スタッフ

【脚本】
徳永友一

【プロデュース】
藤野良太
古屋建自

【演出】
高野舞

【音楽】
神坂享輔

【制作】
フジテレビドラマ制作部

オススメ番組