オトナ女子

第8回 2015年12月3日(木)放送 あらすじ

二人きりの夜

亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)らの助力もあってモバイルコンテンツ部への復帰を果たす。亮介(吉沢亮)も、社長の栗田(谷原章介)に何度も亜紀の復帰を訴えていたらしい。そこに美和(市川実和子)がやってきて、仕事を辞めようと思っていると言い出す。亜紀は、そんな彼女に、相談に乗るからもう一度考えてほしいと告げた。
萠子(吉瀬美智子)は、母親の絹江(朝加真由美)から栗田と別れたことを責められ、口論になってしまう。そこに現れた田代(丸山智己)は、絹江を上手く外に連れ出し、その場を収める。みどり(鈴木砂羽)は、沢田(千葉雄大)から電話をもらい、陵(浦上晟周)が通う中学校を訪れる。応対した教頭(児玉頼信)は、調査の結果、陵に対するいじめの事実はなかったとみどりに告げるが…。
一方、小説の執筆を進めていた高山は、主人公が無邪気に喜んでいる描写の参考に、と亜紀の好きなものをリサーチする。亜紀がJAZZ好きだと知った高山は、有名なJAZZミュージシャンのディナー付き演奏会のチケットを入手し、彼女を誘う。演奏会当日、亜紀は、ドレスアップして高山が待つカフェ『caldo』を訪れる。マスター(池田成志)から車を借りた高山は、亜紀をエスコートして会場へと向かうが…。

キャスト

中原亜紀 … 篠原涼子
大崎萠子 … 吉瀬美智子
坂田みどり … 鈴木砂羽
栗田純一 … 谷原章介
高山文夫 … 江口洋介

工藤美和 … 市川実和子
立花沙織 … 平山あや
前川亮介 … 吉沢亮

沢田健太 … 千葉雄大
池田優 … 平山浩行

山岡伸治 … 斎藤工(友情出演)

霜田賢三 … 池田成志

スタッフ

【原作・脚本】
尾崎将也(『結婚できない男』『梅ちゃん先生』他)

【プロデュース】
中野利幸(『ディア・シスター』『ラスト・シンデレラ』他)

【演出】
田中亮(『医龍4』『ラスト・シンデレラ』他)
関野宗紀(『ディア・シスター』『医師たちの恋愛事情』他)

【制作】
フジテレビジョン

オススメ番組