ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

第7回 2016年8月23日(火)放送 あらすじ

毒物死へ誘うAID…比奈子の殺意

「お前の素の顔……人殺しと同じだよな」
「……私は刑事です。まだ」
東海林(横山裕)が比奈子(波瑠)の異常性を疑い始めた矢先、情報屋の藤川(不破万作)が殺される。藤川との間にトラブルを抱えていたことから疑惑をかけられていた東海林は、厚田(渡部篤郎)から藤川殺害事件の捜査を外れるよう命じられる。

一方、ちまたでは劇薬の除草剤を使った服毒自殺が4件立て続けに起きていた。遺体が握りしめていた遺書に『生きた証をAIDに託します』と書かれていたことから、何者かが毒物を送りつけ、自殺を手助けしているとにらんだ警察は、早速、毒物の入手経路を調べることに。その捜査の途中、比奈子は交番勤務の警官・原島(モロ師岡)と再会する。原島は、藤川の一件で東海林のことを心配していたが、一方で、命の重みをよく知る東海林が藤川を殺すはずがないと信じていた。

そこへ今度は、5人目の服毒自殺者が見つかったと知らせが入る。遺体のそばには『AID』とダイイングメッセージが残され、それはまるで殺人事件のような現場だった。遺体を解剖した妙子(原田美枝子)の話では、一連の自殺に使われた除草剤はすべて25年前に製造されたもので、恐らく自殺をほう助した何者かが、製造中止になる前から保管していたものと思われ……。

キャスト

波瑠
横山裕
要潤
高橋努
斉藤慎二(ジャングルポケット)
百瀬朔
佐藤玲
  ・
林遣都
奥貫薫
光石研
原田美枝子
渡部篤郎

スタッフ

【原作】
内藤了「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズ(角川ホラー文庫刊)

【脚本】
古家和尚『幽かな彼女』『37歳で医者になった僕~研修医純情物語~』『任侠ヘルパー』他

【演出】
白木啓一郎(カンテレ) 『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』『戦う!書店ガール』『銭の戦争』『幽かな彼女』他
宝来忠昭

【プロデューサー】
河西秀幸(カンテレ)
萩原崇(カンテレ)
石田麻衣(ホリプロ)

【音楽】
菅野祐悟『銭の戦争』『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』『謎解きはディナーのあとで』他

【制作協力】
ホリプロ

【制作著作】
カンテレ

オススメ番組