メイちゃんの執事

第1回 2009年1月13日(火)放送 あらすじ

女性の願望叶えるイケメン執事たち!!

 柴田理人(水嶋ヒロ)は、日本最大の大企業である本郷グループに代々仕えてきた執事の家系・柴田家の若きホープ。容姿端麗で頭脳明晰、強じんな肉体と精神力を併せ持つ理人は、公式執事資格の最高位であるSランクを獲得している数少ない執事のひとりだ。そんな理人が新たに仕えることになったのは、東京郊外にあるうどん店「しののめ」のひとり娘で、17歳の女子高生・東雲メイ(榮倉奈々)だった。
 メイは、優しくて仕事熱心な両親とともに質素ながら幸せな生活を送っていた。メイは、勉強は苦手だったが、色気より食い気の明るい性格でクラスの人気者だった。幼なじみの柴田剣人(佐藤健)は、そんなメイにずっと思いを寄せていた。だが、お互いに負けん気が強く、顔を合わせればケンカになってしまうような間柄だったこともあって、剣人はその気持ちを伝えられずにいた。
 ところがある日、思わぬ不幸がメイを襲った。メイの両親が事故で他界してしまったのだ。天涯孤独の身となったメイは、親友だった仲本夏美(星井七瀬)の家に身を寄せた。剣人はメイのことが心配で仕方なかった。気丈に振舞い、葬儀の翌日には店を開けたメイは、疲れ果て、後片付けの最中にうとうとしてしまう。そこに突然現れたのが理人だった。
 「本日からお仕えいたします。メイお嬢様の執事です」。理人は、そうあいさつすると、驚くべき事実をメイに告げた。実は、メイの父・周太郎(橋爪淳)は本郷グループの現当主・本郷金太郎(津川雅彦)の実の息子だった。しかし周太郎は、19年前に家を飛び出し、メイの母・ユウ(山下容莉枝)と駆け落ちをしたのだという。つまり、周太郎が亡くなったいま、メイは本郷家の正当な跡取り候補となったのだった。そして、金太郎の命令でメイに仕えることになったという理人は、何と剣人の実兄でもあった。
 理人は、本郷家の後継者にふさわしい教育を受けてもらうために、有名な超お嬢様学校・聖ルチア女学園に転入してもらいたい、とメイに告げる。メイは、いままで通り普通の暮らしをしたい、と理人に反発した。その矢先、本郷家の後継者候補となったメイの命を狙って、何者かがメイの家を爆破するという事件が起きる。大切な周囲の人たちに危害が及ぶことを危惧したメイは、聖ルチア女学園への転校を決意した—。
 メイは、理人とともにヘリコプターで聖ルチア女学園に向った。世界最高水準の教育の下で次世代の淑女を育成するために設立された聖ルチア女学園は、庶民とはかけ離れた超お嬢様たちばかりが集まる少人数制の全寮制女学園だった。その敷地面積は東京都の約3分の1、建物間の移動手段は全てヘリコプター、学費は月1億円、おまけにお嬢様ひとりひとりにイケメン執事までついているという、あまりにも現実離れした世界だった。
 Sランクの執事・理人がやってくる、ということで、正門前広場にはお嬢様たちが集まっていた。竜恩寺泉(岩佐真悠子)とその執事・木場(夕輝壽太)、華山リカ(大政絢)とその執事・青山(真山明大)、夏目不二子(中別府葵)とその執事・根津(姜暢雄)、天羽凛(忽那汐里)とその執事・四谷(丸山智己)、麻々原みるく(吉田里琴)とその執事・大門(鈴木亮平)、山田多美(谷村美月)とその執事・神田(阿部進之介)らが見守る中、ヘリを降り立つ理人とメイ。理人が新たに仕えることになったお嬢様に強い興味を抱いていた泉やリカたちは、あまりにも庶民的で冴えないメイに対して、露骨に嫌な顔を見せた。メイは、この女学園にふさわしくないというのだ。リカは、メイに向って、あなたは2週間以内に逃げ出すことになる、と宣言した。
 メイは、理人の助言に従って、身の安全を守るために本郷家との繋がりは隠していた。だが、何者かにボーガンで狙われるなど、さっそく嫌がらせを受けてしまう。そんな中、学園内をうろついていたメイは、道の外れにあるドーム型の温室に気づき、吸い寄せられるようにして中に入った。するとそこに、真っ白な執事服を身につけた男・忍(向井理)に車イスを押されながら美しい女性が姿を見せる。それは、学園最高の淑女の称号を与えられた絶対権力者・ルチア(山田優)だった。その美しさに圧倒されてしまうメイ。ルチアは、そんなメイに優しい言葉をかけると、何故か理人をじっと見つめ…。
 メイが暮らすのは陰<オンブラ>寮と呼ばれている、ボロボロの寮だった。聖ルチア女学園は、淑女としてのランクが厳格に定められおり、1番下が『陰<オンブラ>』、次が『月<ルナ>』、そして高い実力が認められた者は『太陽<ソーレ>』として学園の自治を任されていた。寮もそのランクに合わせてグレードアップしていくのだ。メイと同じ陰寮には多美もいた。だが、多美は、いきなり執事の神田とナイフを投げ合ってサバイバルゲームを始め、メイを驚かせる。そんなメイをさらに慌てさせたのは、室内に執事用の部屋もあることだった。
 メイは、レベルの高さだけでなく、理解に苦しむような妙な授業まで行われるこの女学園についていけず、戸惑いを隠せなかった。そんなある日、メイの前に突然、剣人が現れる。こっそり潜り込んでメイのようすを見に来たのだ。実は剣人は、学園内に併設されている執事養成学校にいたことがあり、多少なりとも学園内を知っていたのだ。だが、多美と神田に見つかってしまった剣人は、抵抗もむなしく警備員に連行される。その際、剣人は、この学校には気をつけろ、とメイに言い残す。
 ほどなくメイは、生徒たちから悪質な嫌がらせを受ける。偶然出会った学園長のローズ(堀内敬子)にそれを話し、甘やかされて我まま放題をしている歪んだ連中のどこか淑女なのだ、と怒りに震えるメイ。するとローズは、本物の淑女を知らないいまのあなたには言われたくない、と返すと、歪んだ道でも間違った道でも、その道を通ることで何を得て何を失うのか、そして最後にどこにたどり着くのかが肝心なのだ、と続けた。しかしメイには、ローズが何を言おうとしているのか理解できなかった。
 理人は、すっかり元気がなくなってしまったメイのことを心配していた。リカや不二子は、そんなメイに、1週間後に行われる調理実習で勝負をしないかと持ちかける。リカたちの挑発に乗ったメイは、その勝負を受けてしまうが…。

キャスト

柴田理人(21) … 水嶋ヒロ
東雲メイ(17) … 榮倉奈々
柴田剣人(17) … 佐藤 健
ルチア(?) … 山田 優
忍(?) … 向井 理
本郷金太郎(70) … 津川雅彦

ほか

スタッフ

■原作
 「メイちゃんの執事」
 宮城理子(集英社刊「マーガレット」連載中)

■脚本
 古家和尚

■企画
 後藤博幸
 太田 大

■プロデュース
 橋本芙美(共同テレビ)

■演出
 石川淳一(共同テレビ)
 木下高男(共同テレビ)
 城宝秀則(共同テレビ)
 岩田和行(共同テレビ)

■音楽
 河野 伸
 高見 優

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組