救命病棟24時 第4シリーズ

第6回 2009年9月15日(火)放送 あらすじ

狙われた救命センター

 硫化水素で自殺を図った女性、由梨(野村佑香)が運ばれてきた。進藤(江口洋介)、楓(松嶋菜々子)らは、他の患者への影響を避けるため、駐車場で処置をする。同じ頃、手のひらから血を流した男、浅越(水橋研二)が救命センターを訪れていたが、澤井(ユースケ・サンタマリア)が外来へ行くよう促していた。
 その後、救命センターのホットラインにいたずら電話が相次いでかかってくるようになった。その原因に気づいた楓らは…!?
 そんな中、国会議員の岡部(佐戸井けん太)が心筋梗塞で倒れ、運び込まれてきた。澤井が付き添っている。岡部は、救命医療改革の独立行政法人の諮問委員に澤井を勧誘していたのだ。進藤と澤井の連携プレーで岡部は一命をとりとめ、ICUに移された。
 意識が戻った由梨が「殺される!」と叫び、逃げだそうと暴れ出した。自殺ではなかったと悟った進藤らは、警察へ連絡を取り、由梨を外科病棟へ移そうとストレッチャーを押して廊下へ。ところがそこには浅越がバケツとナイフを持って立ちはだかっていた。

キャスト

江口洋介
松嶋菜々子
   *
木村多江
北乃きい
板尾創路
市川実和子
石田卓也
趙 民和
西原亜希
矢柴俊博
山野 海
西山 聡
   *
ユースケ・サンタマリア
ほか

スタッフ

■脚本
 二木洋樹

■企画
 和田 行
 中島久美子

■プロデュース
 小椋久雄(共同テレビ)
 高丸雅隆(共同テレビ)
 三竿玲子

■演出
 佐藤祐市

■音楽
 吉俣 良(ポニーキャニオン)

■制作協力
 共同テレビ

■制作
 フジテレビ

オススメ番組