それでも、生きてゆく

第5回 2011年8月4日(木)放送 あらすじ

居場所を求めて…

 深見洋貴(瑛太)は釣り船屋『ふかみ』で、藤村五月(倉科カナ)に医療少年院で三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)の担当看護師だった東雪恵が行方不明になっていることを話す。事件性を疑う洋貴に、五月は文哉探しの協力を申し出た。そこに、遠山(三崎)双葉(満島ひかり)が現れる。自分と文哉の出生の秘密を知ってしまった双葉は、行き場所を失ってやって来たのだ。その夜『ふかみ』に泊まる事になると、五月は双葉の洋貴への気持ちを探ろうとする。
 その頃、文哉は自分の過去を知る臼井紗歩(安藤サクラ)を車で連れ出していた。ひたすら森の闇に車を走らせる文哉に紗歩は恐怖をつのらせる。翌朝は朝早く起きなければならないと訴える紗歩に、文哉は…明日が来ると思っているのか?…と、冷たく言い放った。
 夜が明けると、五月は東京に帰った。昨晩は寝付けなかったと、遅く起きた双葉が帰ろうとすると駿輔(時任三郎)が洋貴を訪ねてきた。改めて挨拶をしに来たと言う駿輔を洋貴は達彦(柄本明)の部屋へ通した。駿輔は響子(大竹しのぶ)に謝罪させて欲しいと洋貴に頼み、文哉も見つけ出すと約束する。すると洋貴は文哉が描いた絵を駿輔に見せた。文哉に反省の意志はないと突きつける洋貴に、駿輔は言葉を失う。
 うたた寝をしていた双葉を促し帰ろうとする駿輔。双葉が自分と文哉を産んだ母のことを尋ねると、駿輔は死んだと答えた。2人の会話を洋貴が聞いてしまう。

スタッフ

■脚本
 坂元裕二

■プロデュース
 石井浩二

■監督
 永山耕三

■音楽
 辻井伸行

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組