それでも、生きてゆく

第10回 2011年9月8日(木)放送 あらすじ

対決の果てに

 深見洋貴(瑛太)は三崎駿輔(時任三郎)から三崎文哉(風間俊介)の亡くなった母の出身地を聞き、広島行きの新幹線に乗る。その頃、すでに遠山(三崎)双葉(満島ひかり)は、その地で文哉を探していた。
 駿輔は隆美(風吹ジュン)、灯里(福田麻由子)と別居し、果樹園の草間五郎(小野武彦)のもとに謝罪のため足を運ぶのだが、会ってはもらえない。
 目的地に着いた洋貴は双葉を見つける。洋貴は、自分の車から持ち出した凶器を返すよう双葉を説得。初めは拒否した双葉だが、もし凶器を使う時が来たら共犯者になるということで了承した。
 文哉は亡き母の親戚の家で写真を探していた。家中をひっくり返して写真を探す文哉の異様さに親戚は警察に連絡。自殺すると文哉が家を出て行った後に、警官に説明する親戚たちの話を洋貴と双葉が聞きつけた。
 加害者家族として顔写真がタブロイド紙に掲載されてしまった隆美と灯里。15年前のことを知らなかった灯里は激しく絶望してしまう。そんな母子が暮らすアパートを野本(深見)響子(大竹しのぶ)が訪ねて来た。一方、ようやく五郎に会ってもらえた駿輔は、真岐(佐藤江梨子)が入院する病院に連れて行かれて厳しい現実を突きつけられてしまう。
 文哉が自殺をほのめかしたことを知った双葉は、このまま死んでしまえば…と考えるのだった。

スタッフ

■脚本
 坂元裕二

■プロデュース
 石井浩二

■監督
 宮本理江子

■音楽
 辻井伸行

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組