独身貴族

第1回 2013年10月10日(木)放送 あらすじ

なぜ僕が結婚しないのか?その理由を教えましょう…

映画制作会社「キネマ・エトワール」社長の星野守(草なぎ剛)は、美食と高級ファッション、そして何よりも映画を愛する独身貴族。叔母の指示で、配給会社の会長令嬢の現王園玲子(平岩紙)とお見合いするも、結婚する気は皆無だった。一方、守の弟で「キネマ・エトワール」の専務である星野進(伊藤英明)は、離婚調停を抱えながらも、恋愛に忙しい日々を送る。弁護士の小林征嗣(篠井英介)は、そんな進を苦々しく見ていた。
同じ頃、脚本家を夢見ながらも一向に芽が出ない春野ゆき(北川景子)は、ある男性からプロポーズを受ける。しかし、そこに男性の家族が同席、ゆきに家政婦のような役割を求めていることが発覚し幻滅する。
ある日、「キネマ・エトワール」の社内で、進と守が激しく口論を交わしていた。次回作のために依頼している大御所脚本家(津川雅彦)の脚本が来ないのだ。会社の存続をかけた次回作だが、脚本が上がらないことには予算が通らない。締切りが迫るも脚本家を信じて待つ守に、進はイライラが募る。ラインプロデューサーの川越裕太(藤ヶ谷太輔)や秘書の緒方須美花(蓮佛美沙子)も、動向を見守っていた。
またしても脚本コンクールに落選したゆきは、貯金も底をついたため、親友の小原沙織(西原亜希)の紹介で、沙織とともにハウスクリーニングのアルバイトを始める。
その頃、出資先の配給会社から脚本の進行状況を聞かれた守は、完成間近だと言ってしまう。

スタッフ

【脚本】
佐藤嗣麻子

【プロデュース】
牧野正
草ヶ谷大輔

【演出】
武内英樹

【音楽】
住友紀人

【制作】
フジテレビドラマ制作部

オススメ番組