独身貴族

第2回 2013年10月17日(木)放送 あらすじ

一夜限りのシンデレラ!!恋に落ちた独身貴族

星野守(草なぎ剛)は、春野ゆき(北川景子)が書いた脚本を、手直ししていけばよくなる原石だと評価。脚本を待つ日本映画の水島浩一(梶原善)にそう伝えて渡すように、と星野進(伊藤英明)に指示した。ところが翌日、水島に面会した進は表紙を差し替え、高倉雄二(津川雅彦)が書いた脚本だと言ってしまう。
その頃、守は現王園玲子(平岩紙)と気乗りがしないデート中だった。そこへ進から電話が入り、水島にゆきの脚本を渡したと報告を受けた。これで会社が救われ、結婚もせずに済むと確信した守は、密かに喜びを爆発させる。
後日、守は叔母の亜希子(デヴィ・スカルノ)から、玲子を自宅に招待すると約束しただろうと連絡を受ける。身に覚えがない守だが、どうやら先日のデート中に約束をしてしまったらしい。
一方、弁護士の小林征嗣(篠井英介)と面会していた進は、妻から請求された慰謝料があまりに高額なことに驚愕する。
映画の撮影現場で働き始めたゆきは、慣れないながらも雑用をこなそうとするが、現場を仕切る川越裕太(藤ヶ谷太輔)から厳しく扱われていた。そんなゆきの姿を、緒方須美花(蓮佛美沙子)が嬉しそうに見ていた。
そして大量の食材を買い込んだ玲子が守の自宅にやってくる。将来ここに住むかもしれないからまずは部屋を案内してくれ、という玲子に守は辟易する。さらに、料理を始めた玲子を見て、自分とはあまりに違う大ざっぱぶりに気が遠くなり…。

スタッフ

【脚本】
佐藤嗣麻子

【プロデュース】
牧野正
草ヶ谷大輔

【演出】
武内英樹

【音楽】
住友紀人

【制作】
フジテレビドラマ制作部

オススメ番組