スターはいつも、ここで生まれ そして、帰ってくる

ワールドカップバレー2019

2019年9月14日開幕

フジテレビ系で日本戦全試合を放送

写真提供:月刊バレーボール

  • 女子大会
    9月14日(土)~19日(木)
    Aサイト
    横浜アリーナ (横浜市)
    Bサイト
    浜松アリーナ (浜松市)
    9月22日(日)~24日(火)
    Aサイト
    北海きたえーる (札幌市)
    Bサイト
    富山市総合体育館 (富山市)
    9月27日(金)~29日(日)
    Aサイト
    丸善インテックアリーナ大阪
    (大阪市中央体育館・大阪市)
    Bサイト
    エディオンアリーナ大阪
    (大阪府立体育会館・大阪市)
  • 男子大会
    10月1日(火)~6日(日)
    Aサイト
    マリンメッセ福岡 (福岡市)
    Bサイト
    ホワイトリング (長野市)
    10月9日(水)~15日(火)
    Aサイト
    広島グリーンアリーナ
    (大アリーナ・広島市)
    Bサイト
    広島グリーンアリーナ
    (小アリーナ・広島市)

2019年5月にチケット先行予約開始 [予定]

  • スペシャル動画・第1弾
    スペシャル動画・第1弾
  • スペシャル動画・第2弾
    スペシャル動画・第2弾

FIVBワールドカップとは

国際バレーボール連盟(FIVB)が主催する、オリンピック世界選手権と並ぶ
世界3大大会のひとつで4年に一度開催される。
開催国・日本2018世界選手権の優勝国を含む世界のトップチームが集結し
男女各12チームが総当たりで順位を争う。
前回のワールドカップバレー2015では日本女子が木村沙織キャプテンのもと
セルビア・ロシアなどの強豪と激闘を演じ5位。世界デビューとなった古賀紗理那が才能を開花させた。
また2011年大会10位の日本男子は6位と大躍進。石川祐希柳田将洋
大ブレイク、チケットが瞬く間に完売する人気ぶりとなった。
リオ五輪前年に開催されたこの大会の女子上位3チーム(中国・セルビア・アメリカ)が五輪でも同順位でメダル獲得。
男子は優勝したアメリカ、2位イタリアがリオ五輪でメダルを獲得した。
まさに今回のワールドカップバレー2019は、
その10か月後に迫る2020東京五輪に直結する重要な大会となる。

出場国

女子FIVB世界ランキングは2019年1月1日時点

  • 日本
    13大会連続13回目
    • 世界ランク6位
  • セルビア
    4大会連続4回目
    • 2015ワールドカップ
      銀メダル
    • 2018世界選手権優勝
    • 世界ランク1位
  • 中国
    3大会連続11回目
    • 2015ワールドカップ
      金メダル
    • 2016リオ五輪金メダル
    • 世界ランク2位
  • 韓国
    13大会連続13回目
    • 世界ランク9位
  • カメルーン
    初出場
    • 世界ランク17位
  • ケニア
    4大会連続6回目
    • 世界ランク20位
  • ロシア
    2大会連続9回目
    • 2015ワールドカップ4位
    • 世界ランク5位
  • オランダ
    6大会ぶり2回目
    • 2018世界選手権4位
    • 世界ランク7位
  • ブラジル
    2大会ぶり10回目
    • 2012ロンドン五輪
      金メダル
    • 世界ランク4位
  • アルゼンチン
    3大会連続6回目
    • 世界ランク11位
  • アメリカ
    8大会連続11回目
    • 2015ワールドカップ
      銅メダル
    • 2016リオ五輪銅メダル
    • 世界ランク3位
  • ドミニカ共和国
    5大会連続5回目
    • 世界ランク10位

中田久美 全日本女子監督コメント

ワールドカップは東京2020オリンピックの前哨戦となる大切な戦いです。東京オリンピックで表彰台に上がれるようワールドカップの結果にこだわり、チーム一丸、メダル獲得に向けて精進してまいります。

男子FIVB世界ランキングは2019年1月1日時点

  • 日本
    14大会連続14回目
    • 世界ランク11位
  • ポーランド
    3大会連続7回目
    • 2015ワールドカップ
      銅メダル
    • 2018世界選手権優勝
    • 世界ランク4位
  • イラン
    3大会連続4回目
    • 世界ランク8位
  • オーストラリア
    2大会連続3回目
    • 世界ランク16位
  • エジプト
    5大会連続8回目
    • 世界ランク13位
  • チュニジア
    2大会連続9回目
    • 世界ランク22位
  • イタリア
    3大会連続8回目
    • 2015ワールドカップ
      銀メダル
    • 2016リオ五輪銀メダル
    • 世界ランク3位
  • ロシア
    4大会連続12回目
    • 2015ワールドカップ4位
    • 2016リオ五輪4位
    • 世界ランク5位
  • ブラジル
    2大会ぶり12回目
    • 2016リオ五輪金メダル
    • 世界ランク1位
  • アルゼンチン
    4大会連続7回目
    • 2015ワールドカップ5位
    • 世界ランク7位
  • アメリカ
    10大会連続11回目
    • 2015ワールドカップ
      金メダル
    • 2016リオ五輪銅メダル
    • 世界ランク2位
  • カナダ
    2大会連続6回目
    • 世界ランク6位

中垣内祐一 全日本男子監督コメント

ワールドカップ開幕まで200日を切り、オリンピック前の今年一番大事な国際大会に身の引き締まる思いです。世界の強豪と戦えるこのチャンスに果敢に挑み、全力で表彰台を目指してまいります。

※ロシアの出場回数は旧ソ連時代を含む

開催概要

大会名
FIVBワールドカップバレーボール2019男女大会
FIVB Volleyball World Cup 2019
開催日程・開催都市
女子大会
2019年9月14日(土)~9月29日(日)
開催都市
横浜
浜松
札幌
富山
大阪
男子大会
2019年10月1日(火)~10月15日(火)
開催都市
福岡
長野
広島
主催
国際バレーボール連盟(FIVB)
共催
  • FIVBワールドカップバレーボール2019実行委員会
  • 公益財団法人日本バレーボール協会
  • 株式会社フジテレビジョン
試合方式
男女とも12チームによる1回戦総当たり戦
(シングル・ラウンドロビン方式)
出場チーム
開催国・日本と2018世界選手権優勝国を含む
世界のトップチーム男女各12チーム
放送
フジテレビ系で日本戦全試合を放送