アナスクメモリアル ~友梨佳のアナスクノート~

インタビュー

私はアナウンス学校に通っていたので、フジテレビの『お台場アナウンススクール』の存在はそこで知りました。 しかし、初めにアナスクに応募してみようと思ったのは、就活を始めるきっかけの第一歩にすぎませんでした。学生のときはテレビ局の人がどんなお仕事をしているかなんて全くわからなかったので、実際のテレビの世界がどんなところなのか知りたくて応募しました。

アナスクに参加する前はアナウンサーのお仕事に興味がある程度だったのですが、参加したあとは“ここで働きたい”と思うようになりました。アナスクに参加したことで、フジテレビで働くイメージができたんです。
講義の中で、アナウンサーの前で原稿を読む機会があったのですが、そこで指摘されたポイントを通してアナウンサーは想像していた以上に細かなところにまで気を使っていることがわかり、“アナウンサー”という職業を理解するきっかけになりました。
でも何よりも自分が大好きな番組のスタジオに足を踏み入れられたのが嬉しくて、その喜びが終わってからもずっと残っていました。

現役アナウンサーの方にアナウンス技術の指導や原稿読みを聞いてもらいました。また、『すぽると!』スタジオで原稿読みやフリートークなどをしました。榎並アナがスタジオの講師をしてくださったのですが、フリートークは榎並アナとじゃんけんをしてトークの内容を決めるというルールがあったんです。
今でもよく覚えているのですが、私の前の子までは榎並アナがじゃんけんでグーしか出さなかったので私もパーを出せば勝つと思ったのですが、なぜか私のときだけ突然チョキを出されてしまい、負けてしまいました。勝つとお題を自分で選ぶことができるのですが、負けると難しいお題を出されます。私は「フジテレビの嫌なところ」でした。お題を見た瞬間に頭が真っ白になったのを覚えています。

とにかく楽しかったです。フジテレビの中に初めて入ったので、それだけで感動しました。『踊る大捜査線』で観たことのある景色に足を踏み入れた瞬間、言葉では言い表せられない喜びを感じました。スタジオも普段は入れるはずもない場所。終始ドキドキしていました。あくまで個人的な感想ではありますが、フジテレビのアナスクはとにかく純粋に就業体験を楽しむことができました。人数も多すぎないので、一人ひとりをきちんと見てもらえた印象があります。

“フジテレビのアナウンサーになりたい!”と思うきっかけになりました。
それまでは漠然とテレビ局に入りたいと思っていたのですが、フジテレビのアナウンサーになりたいと思うようになれたのがすごく大きかったです。
さらに、アナウンサーを目指す友達もできました。同じ夢を持っている仲間を持つと、今まで以上に頑張ることができました。

アナウンサー試験は、どこの局でも原稿読みがあったので、アナスクを通して原稿読みのアドバイスをしてもらえたことはとても有難かったです。さらに現役のアナウンサーのお話が聞けたこともためになりました。
また、“スタジオで話す”という経験ができたので、本試験のときに少しだけ心に余裕ができました。

公園で撮った写真、部活のときの写真、犬と遊んでいる写真、着物を着ている写真です。
一度写真館で撮ってみたのですが、なんだかぎこちなくなってしまい自分らしさが出なかったんです。きっとカメラの向こう側にいる人が知らない人で 、自然な笑顔が出せなかったからだと思います。そこで、家族に撮ってもらい、さらに話をしながら撮りました。
あとは、自分の好きなものに触れているときが自分の一番いい顔が出ると思ったので、好きなものと一緒に撮ることもこだわりました。

加藤綾子アナウンサーです。
どんなところがと聞かれると…全部好きです!笑
プライベートでも一番仲良くさせてもらっています。アナウンサーとしての技術も抜群ですし、空気を読む力があって、相手の心をよく見ている方だなと思います。だからこそ、みんなから好かれるんだろうなとも思います。普段でも私の考えていることをずばり当てられてしまうのでびっくりさせられることが多いんです。
加藤アナのすごさは一緒に仕事をすると特に感じます。
スタジオの回し方が上手くて、やはりそれは人の気持ちを考えられる加藤アナだからこそだと思います。私も人の気持ちに寄り添えるアナウンサーになりたいです。

今年で入社三年目になりましたが、心からアナウンサーになれてよかったと日々思います!
特に私は、番組収録や取材を通して色々な方に出会えることに刺激を受けています。
アナウンサーになっていなかったら出会えないような方々とこれまで何度もお会いすることができました。やはり直接会ってお話を伺うと、新しい発見や感動など様々な気持ちが湧いてきます。
自分自身を見つめ直すきっかけにもなり、物事の考え方も変わってきます。アナウンサーは本当に刺激的な職業だと思います。
そして、視聴者のみなさんに「見ていると元気になる」と言っていただいた時は最高に嬉しくて、アナウンサーになれてよかったと思う一番の瞬間です。
テレビを通して自分の言葉で情報を伝えること、これはたくさんのプレッシャーと責任がありますが、自分の言葉や笑顔で、人の心を動かしたり、元気になってもらえることは何よりのやりがいになっています。

とにかく迷ったらまずは応募してみてください。アナスクに来て損することはないと私が断言します!楽しくて、友達も増えて、絶対にプラスになります。
特に今の時期は将来が見えなくて不安になることも多いと思いますが、まずは行動に移してみなければ何も始まりません。是非応募してもらいたいです。
もしかしたらスタジオで私が講師を担当しているかも?!フジテレビで待ってます♪