この番組でくスタッフ

技術局 制作技術センター 報道・情報技術部

近政 秀紀

激変する環境の中、一緒に新しいフジテレビを創っていきましょう!

この番組でのあなたの役割は?

歴史的ニュースの生中継、事件現場からの素材伝送、災害発生時のヘリ取材等、報道番組の現場における技術的な事は全て担当しています。
大規模災害が発生した際には本社から報道中継車を持ち込み、現場の技術統括を行います。また実際にカメラを担いで現場の最前線で生中継や取材をすることもあります。

この職種(部署)の面白いところ・魅力は何ですか?

とにかく様々な現場に行ける事です。
フジテレビの大ヒットドラマ「踊る大捜査線」の名言を引用するならば、「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!」です。この言葉の通り事件現場で取材している印象が強いですが、オリンピックの現地中継や米朝首脳会談等の歴史的な瞬間に立ち会う事も出来ます。今日この原稿を書いた後は卓球福原愛選手の引退会見の現場に行ってきます。報道中継や取材では、普段なかなか入る事ができない首相官邸や国会議事堂に行く事もあります。事件現場から芸能人のゴシップネタまで、様々な現場に行ける事が一番の魅力です。

この番組で一番記憶に残っている(裏)エピソードは?

2018年9月に発生した北海道胆振東部地震の現場に、東京からフェリーと陸路を駆使して報道中継車を持ち込みました。停電の影響で多くのお店が閉まっており、コンビニに商品が全くない状況を人生で初めて見ました。幸い食の好き嫌いは少ない方なので、1週間東京から持ち込んだ非常食を食べて現場を乗り切りました。

この職種(部署)にはどんな人が向いていると思いますか?

その場の状況に応じて、臨機応変な対応が出来ると重宝されます。
現場では時間のない中で生中継や取材を成功させる必要があり、一人で同時に複数の事をやらなければなりません。現場統括の役目もあるので、スタッフに的確な指示を出す事も求められます。もちろん最初から出来る人はいないので、心配しなくても大丈夫です!

報道中継車

北海道胆辰東部地震の現場

フジテレビを目指す学生にメッセージ

「動機は不純なほど良い!」と思っているので、目指す理由は「フジテレビって格好良い!」でも、「フジテレビに入ってモテたい!」でも、何か一つ大きな信念があれば良いと思います。そういう会社です。
そんなフジテレビも、今大きく変わろうとしています。インターネットの躍進、グローバル化、そして働き方改革。激変する環境の中、その中心で一緒に新しいフジテレビを創っていきましょう!

この組で活躍している先輩!!