フジテレビのCSR活動

2018年度活動報告

2018年度活動報告TOP
TOPICS
社会のために
環境のために
復興支援
番組との連動
TOP2018年度 環境のためにトピックス「みんなのメダルプロジェクト」で使用済み放送機材など約13トンを提供
 2016年度 環境のためにトピックス

「みんなのメダルプロジェクト」で使用済み放送機材など約13トンを提供

[2019年5月22日更新分]

「みんなのメダルプロジェクト」で使用済み放送機材など約13トンを提供

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施した「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」。フジテレビも賛同しテレビ局として初めて参加しました。

回収ボックスを設置 グループ会社も協力 社員も協力


懐かしい機材も多数発見
このプロジェクトは、東京2020大会で必要となる約5,000個のメダルを、環境に配慮し、全国の使用済み小型家電などから抽出したリサイクル金属を活用して製作するもので、オリンピック・パラリンピック史上初の取り組みとなります。
社員、スタッフ、関連会社の協力で、最終的には不要になった小型家電やテレビ放送機材などを約13トン回収、本プロジェクトに提供することができました。

スタジオ更新で集まった旧機材 ボックスもすぐ一杯になるので何度も回収
青海倉庫の不要機材はトラックで回収 石川テレビのケーブルを回収


最後の回収品
組織委員会によるとメダル用の銅100%・銀85%以上・金93%以上を確保(2018年10月までの回収分)することができたということで、3月一杯で回収受付を終了。今後はメダルの製作へと移ります。
東京2020の表彰台で「みんなのメダル」は誰の胸で輝くのか?オリンピック・パラリンピックを観る楽しみがまた一つできました。

ボックスを撤去 表彰して頂きました
回収総重量 12トン896kg  
※主な内訳 フジテレビ社内設置ボックスより 1,559kg  
V3スタジオ更新 8,490kg  
青海の倉庫 1,500kg  
キュリオス 580kg  
石川テレビ 590kg  
その他 177kg 以上

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.